もくじepisode41~50

【オレ物語・本丸編】

毎週日曜日の夜に新作を掲載します!(早まる場合もありますが、遅れないようにします)

スマホの方は、右下のメニュー⇒ハチワレ小説の(+)を押すと他のお話しのメニューへ飛べます


最新の更新日:2023年2月24日(土)

 

全100話くらいありますが...とりあえずここまで...

 

毎週日曜日の夜に更新しますのでお楽しみに!(早まる場合もあります)


episode41

 

【オレ物語・本丸・第11章】

 

~ 蒼き戦士たち ~

 

 

 

♦【これまでのあらすじ】♦

  

時代は2,000年初期の就職氷河期。オレたちの世代は、ロストジェネレーションと言われていた。

大学4年生の夏の頃にオレがバイトしているガソリンスタンドの会社が倒産し、【ガイアックス】と言う、ガソリンに代わるアルコール系の次世代自動車燃料の販売店の会社に変わったのだった。

 

なかなか就職の内定がもらえないオレは、このガイアックスに非常に興味を持ったので、バイトの流れで社員になる事に決めたのだった。

 

潰れたガソリンスタンドをリニューアルして新店舗を作ることになり、大学卒業後すぐにオレは、新店舗の副店長として移動することになったのだが…

 

ここは...呪われた死んだ土地だったのだ...

 

人手不足が続き、オレは約5ヶ月休みなしの開店から閉店まで働かせられる日々だった…

 

精神的・肉体的にも追い詰められてしまい…

 

『もう死んでもいい…』

 

と思ってしまう程だった…

 

しかし、ちょっとしたきっかけで自分で種を撒いて育てた

 

【日々草】の力強い姿を見て

 

オレは、生きる力をもらったのだった…

 

日々草が咲いてから、待望だった従業員が入り、オレはやっと休みが取れるようになり、勤務時間も楽になった。

 

死んだ土地が蘇り、店の雰囲気も良くなってきた。

 

オレは精神的・肉体的に回復してきたのだった…

 

しかし、ようやく落ち着いたと思いきや…

 

社内では、大!人事異動が行われ、オレは新店舗の石岡店の店長に任命されたのだ。

 

オレは、以前いた【死んだ土地】と言われた店にいた時のトラウマがあり…

 

従業員募集に関して、ものすごく不安があったのだが…

 

募集をかけてから、奇跡と言わんばかりに一発で必要な人数が揃ってしまったのだ!!

 

 

 

オレの心配など必要なく、開店準備は万端になり石岡店がオープンした。他店舗の人たちが手伝いに来てくれ、オープンセール3日間を難なくこなせる事が出来た。

 

が…

 

オープン初日から、石岡店のバイトで採用した年上のステキなお姉さんにバックレられてしまい…

 

またしても運命の出会いを失ってしまったのだった…

 

明日から通常営業。多店舗の手伝いの人たちはいなくなり、オレたち石岡店のスタッフのみでやっていく…

 

少し寂しくなるが…

 

 

これからが本番だな…

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

【石岡店・登場人物の紹介】

 

●オレ

23歳にして、会社内で最年少店長になる。

心の支えになる彼女を求めているが…彼女ができない呪いに掛かり苦しんでいる…

 

●さかもっちゃん

21歳フリーター。VIPカーに乗った…

物静かで、素朴なヤンキー???

 

●かわちゃん

21歳フリーター。いかにもスタンドでバイトしてそうな、ややポッチャリの姉ちゃん

 

●保田

19歳大学生。しっかりとした頼りがいのある奴。オレの右腕になる存在。

 

●サイとタケ

2人とも19歳の専門学校生。友人同士。サイは真面目だが…タケは、ローライダーと言われる車に乗った…ヒップホッパー

 

●さおりっち

石岡店、唯一の女子高生。コギャルパワー全開の元気な子。父親は警察だが…娘は夜遊びで補導されるという強者…

 

●バックレお姉さん♡

石岡店、唯一オレより年上で、独身!!

おしとやかな、ショートカットのお姉さん。

オープン初日に8時から出勤

…のハズだったが、初日からバックレて、制服だけを宅急便で送り返してきた…

(つまり、クビ…)

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦

 

 

 

episode43

 

【オレ物語・本丸・第11章】

 

~ 蒼き戦士たち ~

 

 

 

今日から、オレたち石岡店のスタッフのみで営業となる…

 

 

みんな、ガソリンスタンドの経験はないが、物覚えがよく、オープンセール3日間で

一通り仕事が出来るようになった。

 

ある意味、一番期待していた、お姉さんにバックレられてしまったが…

 

(*_*;

 

他の奴らは、バックレるような奴らじゃないと思えるし、うまくやっていける気がした…

 

 

 

とりあえず、日中働けるフリーターの さかもっちゃんと、かわちゃん、大学生の保田に、開店作業と閉店作業を教えて落ち着くまでは、しばらく休めそうにないな…

 

 

 

こいつらなら…きっと出来る…

 

 

 

 

 

 

しかし…

 

 

 

ウチの会社…

 

 

どの店舗もそうだが、社員は店長だけで

残りはバイト…

 

 

普通、最低でも社員2人いるでしょ…

 

 

店長が不在の時に何かあったらどうすんだか…

 

 

 

 

この会社も、いい加減だ…

 

(-_-;)

 

 

 

 

朝7時の開店に合わせて、オレ・さかもっちゃん・かわちゃん3人が出勤した。

 

とりあえず、開店作業を教えなくてはいけない。レジポスの立ち上げとか、つり銭の用意の仕方とか…

 

 

ま~、開店作業は大したことないが…

 

 

 

 

 

 

 

難なく、午前中を終えた…

 

 

 

 

 

オレは、銀行へ つり銭の両替に行くので、さかもっちゃんと、かわちゃんに店番を任せた。

 

 

銀行も近いから、心配もないだろう。

 

 

 

 

落ち着いたら、銀行へ行っての作業も教えないとな…

 

 

 

最初は大変だ… (`-д-;)ゞ

 

 

 

 

 

 

 

 

30分後…

 

 

銀行から戻ってくると、店番してた

かわちゃんが…

 

 

『店長~。あの~、さっき変な電話が掛かってきました… 』

 

 (・´ω`・)

 

 

 

はぁ???

 

 

 

 

『なんかぁ~、ガソリン臭いって、女の人が電話してきましたぁ…  』

 

 (・´ω`・)

 

 

 

 

( ゚д゚)はぁ~~~???

 

 

 

 

 

 

そりゃ~

 

 

 

 

 

 

ガソリンスタンドだもん!!

 

 

 

 

 

ガソリン臭くて何が悪い!!

 

Ψ(`∀´)Ψ ドウダ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

違うか…(´Д`)

 

 

 

 

 

ウチでは、ガソリンじゃなくて、ガイアックスを売ってるから、ガソリンの臭いじゃない…

 

ガソリン程、強い臭いはしないし…

 

 

アルコール系の臭いだ!!

 

 

 

 

ただの、イタズラ電話でしょ…

 

(-_-;)

 

 

 

 

 

 

次の日…

 

 

ホームセンターに備品を買いに行くので

また、さかもっちゃんと、かわちゃんに店番を頼んだ…

 

 

帰ってくると…

 

 

 

かわちゃんが…

 

 

『また昨日の変な電話かかってきましたぁ~!!』

 

 (# ゚Д゚) ムッカー

 

 

 

 

 

今度は…何ですかね…

 

(-∀-;)

 

 

 

 

 

『あの~!ガソリンが、流れ出してるって言ってました~!!』

 

 (# ゚Д゚) ムッカー

 

 

 

 

 

だから、ガソリンじゃなくて…

 

 

 

 

ガイアックスだっちゅうの!!!

 

(# ゚Д゚)カァー!!!!!

 

 

 

 

 

 

だいたい…

 

 

どっから流れる…(*_*;

 

 

 

地下のタンクに貯蔵してんのに…

 

(*_*;

 

 

 

 

 

 

温泉みたいに吹き出したかい???

 

(゚∀゚)プヒャヒャヒャヒャヒャ!!!

 

 

 

 

 

 

イタズラ電話もいい加減にして欲しいわい…

 

(-_-;)

 

 

 

 

 

 

 

さらに次の日…

 

 

 

お昼頃に、店の電話が鳴った…

 

 

 

電話に出るのが好きな かわちゃんが受話器をとった…

 

 

 

 

そして…

 

 

 

 

かわちゃんが電話の子機を持ってきた…

 

 

『いつもの女の人です…』

 

 (# ゚Д゚) ムッカー

 

 

 

 

 

常連さんかい…www

 

 

 

 

 

 

かわちゃんがオレに子機を差し出してきたんで…

 

 

 

オレ

『え?何??今、繋がってんの??』

 

 

 

 

かわちゃん

『はい!(# ゚Д゚) ムッカー』

 

 

 

 

 

 

ついにオレは…

 

 

謎の女と会話することになった…

 

 

 

 

 

 

 

オレ

『はい。お電話代わりました。店長です。』

 

 

 

 

 

 

謎の女

『あの…ガソリンが…流れてる気がするんですよね…』

 

 

 

 

 

 

オレ

『はい?????』

 

 

 

 

 

 

 

謎の女

『あの…お店の後ろを歩いていたら…ガソリンが流れていたんです…』

 

 

 

 

 

 

 

オレ

『流れていたのは、どんな臭いでしたか?』

 

 

 

 

 

 

 

謎の女

『あの…

 

 

 ガ、ガ、ガ、ガ、ガソリンの…

 

 

 臭いです……』

 

 

 

 

 

 

 

 

……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

し~~~~~ん…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オレ

『あの~。当店ではガソリンじゃなくて、ガイアックスと言う、アルコール系の燃料なんですね。ですから、ガソリンの臭いと全然違うんですが…』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

し~~~~~~~ん…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

謎の女

『あ………

 

 

 そうですか……

 

 

 わかりました………』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガチャ…

 

 

 

プー。プー。プー。プー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうして…

 

 

これを最後に…

 

 

謎の女から電話が掛かってくることはなかった…

 

 

 

 

 

納得して頂けたのでしょうか…

 

(*_*;

 

 

 

 

 

 

しかし…

 

 

店の後ろを歩いていたと言ってたが…

 

 

 

 

この店の後ろ側は、人が歩けるような所ではない…(*_*;

 

 

 

 

 

頭…狂ったのか…

 

(*_*;(*_*;(*_*;

 

 

 

 

 

 

季節の変わり目だから…

 

 

 

 

 

 

近所の人が、頭狂ったんだろうか…

 

( ゚д゚)↻↻↻↻↻↻↻↻

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて…

 

夕方になり、さかもっちゃんと、かわちゃんは仕事を終えて帰って行った…

 

 

今日は夕方からバイトの保田と、女子高生の さおりっちがやってきて交代になった…

 

 

 

 

 

オレは、しばらく開店から閉店までだが…

(*_*;

 

 

 

 

ま~、呪いの店にいた時よりは全然いいけど…

 

 

 

 

物静かで、素朴なヤンキー?の さかもっちゃんが愛車のVIPカーに乗って帰る時に…

 

 

 

 

オレ

『おぃ!さかもっちゃんのお帰りだ!みんなでバイバイ言え!!』

 

 

 

 

 

 

オレ・保田・さおりっち3人で…

 

 

 

 

( ゚Д゚)

 

(゚∀゚)『さかもっちゃ~~ん!!!』

 

(〃∇〃)

 

 

 

 

 

 

 

(# ゚Д゚)

 

\(^o^)/『バイバ~~イ!!!!!』

 

ヽ(=´▽`=)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さかもっちゃんは…

 

 

 

 

 

 

微妙に…

 

 

 

 

 

 

ニコッ(^_^)

 

 

っと微笑み…

 

 

 

 

 

 

天皇陛下のような手の振り方で…

 

 

 

 

 

 

手を振って帰っていった…

 

 

 

 

 

 

 

 

うん。

 

 

 

 

 

 

 

オレの店は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平和だ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜7時…

 

閉店の9時まで仕事となると、腹が減る…

 

そりゃ~昼から何も食ってないもんな…

 

(*_*;

 

 

 

 

なんと!石岡店の近くにはジャスコがあり、マクドナルドもあるのだ!

 

(゚∀゚)♪

 

 

 

で、さっそく…

 

 

 

『マックおごってやるから、食いたいものメモ用紙に書いとけ~Ψ(`∀´)Ψ』

 

 

と…保田と、さおりっちに伝えた。

 

 

 

 

 

2人に店番を任せて、マクドナルドのドライブスルーへ行った…

 

 

 

 

 

 

マックのドライブスルー注文受付開始…

 

 

 

誰もいないマイクに、向かって話すというのが…どうも苦手なんだが…

 

(*_*;

 

 

 

 

 

 

◆マイクのお姉さん◆

『いらっしゃいませ♪期間限定の月見バーガーはいかがでしょうか?』

 

 

 

 

 

 

……

 

 

 

 

 

 

マックでよくあるパターンなんだが…

 

注文する前に、オススメを言われる…

 

(*_*;

 

 

 

 

 

きっと…

 

気が小さい日本人なら…

 

 

 

 

 

 

『あ…じゃ…それでいいです…^^;』

 

 

 

 

って言うに違いない…

 

 

 

 

 

 

いきなりオススメ言われても…

 

 

困ります…(*_*;

 

 

 

 

買うものが決まっているオレは、何て言えばいい…?

 

(*_*;

 

 

 

 

 

 

 

いゃ…あの…せっかく勧められてるのに申し訳ないんですがぁ…

 

 

と、切り出すしかないのか…(*_*;

 

 

 

 

 

 

 

 

いいや…

 

 

 

 

 

聞こえなかったフリして…

 

 

 

◆オレ◆

『え~と。ダブルチーズバーガーのセットでぇ~Ψ(`∀´)Ψ』

 

 

 

 

 

 

あとは…

 

保田と、さおりっちのだ…

 

 

 

 

 

 

メモ用紙を見る…

 

 

 

 

 

 

(保田)ビックマック

 

 

 

 

 

 

 

 

……

 

 

 

 

 

 

 

 

この野郎…

 

オレより高いやつ頼みやがって…

 

(-_-;)

 

 

オレのおごりだし…

 

 

 

 

 

◆オレ◆

『あと、ビックマック1つお願いします…』

 

 

 

 

 

 

◆マイクのお姉さん◆

『他にご注文ございますか?』

 

 

 

 

次は、さおりっちのメモ用紙を読みながらマイクに向かって言った…

 

 

 

◆オレ◆

『さおりっちわぁ~!月見バーガーが…』

 

 

 

 

なんだこりゃ???

 

( Д ) ゚ ゚

 

 

 

 

 

 

さおりっちのメモ用紙をよく見ると…

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

さおりっちわぁ~!

月見バーガーがいいんだけど、この前たべたんだよね♪

 

だからね!

 

てりやきマックバーガーでいいよ~

(*´艸`*)♪

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

【てりやきマックバーガー】

 

とだけ書かんかい!! Σ(-∀-;)

 

 

 

 

 

 

◆マイクのお姉さん◆

『月見バーガーでよろしいでしょうか?』

 

 

 

 

 

◆オレ◆

『あ…いや… てりやきマックバーガーだそうです…(;´Д`)ハァハァ』

 

 

 

 

 

 

 

さすが…

 

石岡店、唯一のコギャル…

 

 

 

 

 

 

ま…

 

 

カワイイもんである

 

(-∀-`; )

 

 

 

 

 

 

オレの店は…

 

 

 

 

 

 

 

 

平和だ…(^_^)ニンマリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて…

 

店がオープンして1週間が過ぎた…

 

 

 

さかもっちゃんと かわちゃんが、店の開店準備が出来るようになったんで、オレは朝9時から閉店までの時間帯で大丈夫になった…

 

 

 

 

ありがたい事だ…

 

。゚ヽ(゚´Д`)ノ゚。 ヤッターン♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、ある朝6時40分頃…

 

 

夜ふかししてて、まだ寝ていたオレに、朝7時に店を開ける当番だった さかもっちゃんが、オレの携帯に電話をかけてきた…

 

 

 

 

さかもっちゃん

『おはようございます…

 あの…ですね…

 なんか…

 店が変なんですよね…』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オレ『おはよう!何?どうしたの?』

 

(-ω- ?)

 

 

 

 

 

 

さかもっちゃん

『なんか…泥棒が入ったみたいなんですよね

…事務所のガラスが割られてます…』

 

 

 

 

 

 

オレ『え~~~~!!!!!!!!!!!! 』

 

( Д ) ゚ ゚

 

 

 

 

 

 

なんと…

 

 

 

 

オレの店は…

 

 

 

 

オープンして間もなく…

 

 

 

 

 

 

 

泥棒に入られた…(*_*;

 

 

 

 

 

 

 

 

平和だった…

 

オレの店が…(;´Д`)

 

 

 

 

 

 

 

オレは、布団から飛び起きて…

 

 

店に向かったのだった…

 

 

 

ε=ε=┌(;*´Д`)ノ タイヘンダ~!!!!

 

 

 

 

to be continued…

 

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦

 

 

【次回予告】

 

●オレ vs 泥棒

 

●バイトの教育…

 

 

☆次回は、12月31日の夜に更新します☆

 

 

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


episode42

 

【オレ物語・本丸・第12章】

 

~ オレ vs 泥棒 ~

 

 

 

♦【これまでのあらすじ】♦

  

時代は2,000年初期の就職氷河期。オレたちの世代は、ロストジェネレーションと言われていた。

大学4年生の夏の頃にオレがバイトしているガソリンスタンドの会社が倒産し、【ガイアックス】と言う、ガソリンに代わるアルコール系の次世代自動車燃料の販売店の会社に変わったのだった。

 

なかなか就職の内定がもらえないオレは、このガイアックスに非常に興味を持ったので、バイトの流れで社員になる事に決めたのだった。

 

潰れたガソリンスタンドをリニューアルして新店舗を作ることになり、大学卒業後すぐにオレは、新店舗の副店長として移動することになったのだが…

 

ここは...呪われた死んだ土地だったのだ...

 

人手不足が続き、オレは約5ヶ月休みなしの開店から閉店まで働かせられる日々だった…

 

精神的・肉体的にも追い詰められてしまい…

 

『もう死んでもいい…』

 

と思ってしまう程だった…

 

しかし、ちょっとしたきっかけで自分で種を撒いて育てた

 

【日々草】の力強い姿を見て、オレは、生きる力をもらったのだった…

 

ようやく落ち着いたと思いきや…

 

社内では、大!人事異動が行われ、オレは新店舗の石岡店の店長に任命されたのだ。

 

オレは、以前いた【死んだ土地】と言われた店にいた時のトラウマがあり…

 

従業員募集に関して、ものすごく不安があったのだが…

 

募集をかけてから、奇跡と言わんばかりに一発で必要な人数が揃ってしまったのだ!!

 

オレの心配など必要なく、無事に石岡店がオープンし、スタッフたちもすぐに仕事を覚えて軌道に乗れたかと思いきや...

 

 

なんと!!

 

 

いきなりオレの店は、泥棒に入られてしまったのだった!!

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

【石岡店・登場人物の紹介】

 

●オレ

23歳にして、会社内で最年少店長になる。

心の支えになる彼女を求めているが…彼女ができない呪いに掛かり苦しんでいる…

 

●さかもっちゃん

21歳フリーター。VIPカーに乗った…

物静かで、素朴なヤンキー???

 

●かわちゃん

21歳フリーター。いかにもスタンドでバイトしてそうな、ややポッチャリの姉ちゃん

 

●保田

19歳大学生。しっかりとした頼りがいのある奴。オレの右腕になる存在。

 

●サイとタケ

2人とも19歳の専門学校生。友人同士。サイは真面目だが…タケは、ローライダーと言われる車に乗った…ヒップホッパー

 

●さおりっち

石岡店、唯一の女子高生。コギャルパワー全開の元気な子。父親は警察だが…娘は夜遊びで補導されるという強者…

 

●バックレお姉さん♡(出勤せず...クビ)

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦

 

 

episode42

 

【オレ物語・本丸・第12章】

 

 

~ オレ vs 泥棒 ~

 

 

 

 

オレの店がオープンして1週間…

 

なんと…

 

いきなり泥棒に入られてしまった…(*_*;

 

 

 

さかもっちゃんからの電話を受け、布団から飛び起きて、店に向かったのだった…

 

 

慌ててたんで、現状の様子を詳しく聞かなかったが、とにかく早く店に行かなくてはいけない…

 

ε=ε=ε=┌(;*´Д`)ノ マイッタナ…

 

 

 

 

 

オレの会社…

 

 

 

 

セコイから…

 

 

 

 

 

SECOMしてません…凹○コテン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『SECOMしてますか?』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい!!

 

 

してません…凹○コテン

 

 

 

 

泥棒さん!どうぞ、ご自由にお入りください

 

(^_^)イラッシャイマセ

 

 

 

 

 

の状態である…(*_*;

 

 

 

 

 

 

 

ようやく、店に着いた…

 

 

一見、何もなかったかのようなんだが…

 

 

事務所のガラスが見事に割られていた…

 

(;´Д`)…

 

 

 

 

 

 

あ~ぁ…

 

 

 

 

もう少しさ…キレイに割ってくんない?

 

(*_*;

 

 

 

 

片付けが面倒くせぇんだよ…

 

(-_-;)

 

 

 

 

 

 

オレの机が荒らされていた…

 

 

なんで、泥棒ってさ…

 

 

机とか、ロッカー開けたら、閉めていかないの???

 

 

 

オレだったら閉めるけどね!!

 

(゚∀゚)♪

 

 

 

 

オレの机を荒らしたところで、持っていくようなものなどないだろう(笑)

 

昨日、食べ忘れたコンビニのおにぎりは無事だったヽ(´ー`)ノ♪

 

 

 

 

で…

 

 

 

 

 

泥棒の一番の目的は、お金だよね…

 

(-_-)…

 

 

 

 

 

 

 

しかし!!!

 

1円も盗まれていない!!!

 

 

 

 

 

 

 

泥棒さんよ…

 

 

 

 

 

 

相手が悪かったな…

 

 

 

 

 

 

このオレの店から金を盗もうだなんて…

 

 

152年位…早いんだよ…

 

 

(゚∀゚)プヒャヒャヒャヒャヒャ!!!!!!!!

 

 

 

 

 

実は…

 

以前、泥棒に入られた経験がある…

 

 

大学生だった時にバイトしていた店で、泥棒に入られたのだった…

 

 

店の金庫は、見事にバールでこじ開けられて…

 

 

売上金や、つり銭が全て盗まれたのだった…

 

 

 

 

だから泥棒に関しては、対策は出来ていた。

 

 

 

オレの店には金庫などない…

 

 

金庫なんて、いかにも…

 

 

『お金が入ってますよぅ~♪♪♪』

 

ヽ(´ー`)ノ

 

 

って、言ってるようなもんである…

 

 

 

 

金庫などいらんのだ!!!

 

 

 

 

売上金は、その日の夜に銀行の夜間入金窓口に投入してくる。

 

 

どうしても、夜間入金に行けない場合は…

 

 

車を整備するピット室の、使っていない排水口の中に隠して…

 

 

使っていないロッカーを、ガガガ…と押して塞いでしまう…

 

 

 

 

 

つり銭用のお金は…

 

 

 

小銭は、ジップロックのビニール袋に入れて…

 

 

 

 

 

事務所の冷蔵庫の…

 

 

 

 

 

 

卵を置くところに入れておく…

 

 

 

 

 

 

 

たくさんの、1000円札や5000円札は…

 

 

 

あえて…

 

 

 

外にあるお客さん用のトイレの…

 

 

 

しかも、女子トイレの…

 

 

 

 

 

 

お手拭きの紙が入っているボックスの中に、お手拭き紙に挟んで分からないように隠す…

 

 

 

 

 

オレが、泥棒だったら???

 

と考えて…

 

 

 

思い付いた隠し場所だ…

 

 

 

石岡店のバイトたちには、きちんとこの隠し場所に、お金を隠す事を教えた…

 

 

 

 

絶対に見破られん!!!

 

 

 

これで、盗まれるようなら…

 

 

 

 

犯人は…

 

 

 

 

関係者しかいない…

 

 

 

 

 

 

そして、極めつけは…

 

 

泥棒は、店内のレジを狙うだろうから…

 

 

閉店後にレジは空にして、開けっ放しにし…

 

 

 

レジの中には、あるメモ用紙を入れておいた…

 

 

 

 

メモ用紙には、オレが手書きで…

 

こう書いておいた…

 

 

 

 

 

 

 

 

金などない…アホ。

 

 

 

 

 

 

 

 

このメモ用紙も、閉店後にレジへ入れておくようにバイトたちに教えた…

 

 

 

 

 

 

が…

 

 

 

 

オレが、書いた泥棒さんへの置き手紙を見たんだろうか…

 

 

 

 

泥棒は、頭にきて…

 

 

 

レジの引き出しを蹴っ飛ばして破壊していきやがった…

 

(-_-;)

 

 

 

 

本社の本部長から電話があった…

 

 

本部長

『お金は いくら盗まれたんだ?』

 

 

 

 

オレ

『1円も盗まれてません。冷蔵庫の卵を入れる所と、女子トイレに隠してたんで…』

 

 

 

 

 

本部長

『…………』

 

 

 

 

 

 

この電話の後、本社から全店舗一斉にFAXが送られてきた…

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

各店舗・店長各位

 

 

昨夜、石岡店に泥棒が入りましたが、

お金を隠していたので、被害はありませんでした。

 

各店舗、分からないような場所にお金を隠すように。

 

 

(例) 冷蔵庫・トイレなど…

 

 

 

以上

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

バレバレじゃん…(;´Д`)

 

 

 

 

 

 

 

こうして、オレの店の被害は…

 

 

 

事務所のガラス1枚…

 

 

レジの引き出し破壊…

 

 

 

 

で、済んだのだが…

 

 

 

レジの引き出しを、破壊されたのは面倒だった…(*_*;

 

 

 

 

泥棒さんを少し挑発しすぎたか…

 

(*_*;(*_*;(*_*;

 

 

 

 

とりあえず…

 

 

警察に電話をして、現場検証…

 

 

石岡店スタッフ全員…指紋採取…(*_*;

 

 

 

専用の指紋取り用のインクを…

 

 

 

手のひら…

 

 

 

手首まで…

 

 

指は1本1本…

 

 

しかも、指を転がすように、グルンと指紋を取る…

 

 

 

 

 

 

警察に指紋を取られるのが得意になった…

 

v( ̄Д ̄)v イエイ

 

 

 

 

 

 

 

こうして…

 

ひと通り終わって、落ちたいたのが…

 

 

 

 

割られたガラスを何とかせねば…(*_*;

 

 

 

ダンボールを貼るわけにもいかないんで…

 

店のオープン改装で頼んだ、近所のガラス屋に電話をしてみたら…

 

 

 

 

ガラス屋

『あの~。お宅の会社さん…前回の支払いがされてないんで、新しくガラスいれられませんよ…』

 

と…

 

 

 

 

断られてしまった…凹○ダッフンダ

 

 

 

 

 

急いで本社の経理のおばちゃんに電話したら…

 

 

 

 

支払い忘れてやがった…(# ゚Д゚)カァー!!!

 

 

 

 

 

またガラス屋に電話をし…

 

 

『先程、支払いが済んだので…

 

  ガラスお願いします…(;´Д`)ハァハァ』

 

 

 

 

ようやくガラスを入れてもらえるようになった…(*_*;(*_*;(*_*;

 

 

 

 

 

 

とんだ災難だった…凹○コテン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて…ある日。

 

バイトの、さかもっちゃんが具合い悪そうな顔をして…

 

こう言ってきた…

 

 

 

さかもっちゃん

『あの…調子悪いんですけど…』

 

 

 

 

オレは、さかもっちゃんが言いたいことは分かっていたのだが…

 

少しイジワルしてやった…

 

 

 

 

オレ『ふ~~ん。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さかもっちゃん『……』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さかもっちゃん『……………』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さかもっちゃん『…………………………』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さかもっちゃんは、無言だったんで…

 

 

 

オレ

『だから何だよ!!調子悪いんなら、

調子悪いんで早退させてください

とか言うんじゃねぇの?

そんなんじゃ、よそ行っても通用しねぇ

ぞ!!!』

 

 

 

 

 

 

さかもっちゃん『すいません…』

 

 

 

 

 

 

オレ

『分かったから、帰っていいよ。どうせすぐには治んないだろうから、2日休んでいい。そんでも治んなきゃ電話しろ。』

 

 

 

 

 

 

さかもっちゃん

『はい。ありがとうございます…』

 

 

 

 

 

 

こうして、さかもっちゃんは帰っていった…

 

 

 

 

 

 

 

はたまた、ある日…

 

 

今日は午後1時から、サイとタケがバイトに来る…

 

時間通りに、サイは出勤してきたが…

 

 

 

タケが来ない…(*_*;

 

 

 

オレは、サイに…

『タケはどうした?知らないかい?』

 

と聞くと…

 

 

 

 

眠そうな顔をしたサイは…

 

『昨日の夜から朝まで、タケと遊んでたんです…。たぶん寝てるかも知れません…』

 

 

と…

 

 

 

 

 

1時間半後…

 

 

 

タケがやって来た…

 

 

 

オレ『おい!連絡もしないで1時間半も遅刻してなにやってたんだ!!』

 

 

 

 

 

タケ『スイマセン…寝坊しました…』

 

 

 

 

オレ

『今、何時だと思ってんだ?午後3時だぞ?寝坊とかの時間じゃねぇだろ?

朝まで遊ぶのは構わないが、次の日の事も考えて行動しろ!!他のメンバーにも迷惑がかかるんだ!!』

 

 

 

 

タケ『はい…スイマセンでした…』

 

 

 

 

 

タケが、なかなか来なかったんで…

 

本来なら、タケと交代で仕事を上がるはずの

かわちゃんに延長してもらった…

 

 

 

 

さかもっちゃん、タケ…

 

2人ともバイトとは言え、大人である…

 

今は、この店バイトしてるが…

 

いずれ他の会社へ就職した時に、こう言った常識的なミスはしないで欲しい…

 

 

オレの店は、甘い方だと思う…

 

 

よそへ行ったら…下手すりゃクビ切られる…

 

 

ただ小遣い稼ぐのにバイトしてんじゃなくて…

 

 

社会へ出ていく為の経験と勉強をして欲しいのだ…

 

 

 

この店で働いていた事が、社会へ出て役に立つように…

 

 

 

 

ただのバイトとは…

 

 

 

絶対に思わせない…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて。ある日のコト…

 

 

いつも通りに営業をしていると…

 

 

 

 

小太りで…

 

真っ赤なリンゴのような、ほっぺたをした

少年が歩いて店にやって来た…

 

 

 

 

 

 

少年『あの~

   ボク…青森から来たんですけど…』

 

 

 

 

 

 

 

 

オレ『 ( ゚д゚)あ???』

 

 

 

 

 

 

 

この少年は…

 

いったい何者だ… (-ω- ?)

 

 

 

 

 

 

 

( ゚д゚ )なんだ?チミは???

 

 

 

 

to be continued…

 

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦

 

 

【次回予告】

 

次回は、珍事件勃発!!

 

 

●謎の少年の正体とは…

 

●さらに謎の母子?襲来…

 

●オレの儀式が始まる…

 

 

 

☆次回は、1月7日に更新します☆

 

皆さまよいお年をお迎えください。(*'▽')

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


episode43

 

【オレ物語・本丸・第13章】

 

~ 珍事件連発! ~

 

 

 

♦【これまでのあらすじ】♦

  

時は2,000年初期の就職氷河期。オレたちの世代は、ロストジェネレーションと言われていた。

大学4年生の夏の頃にオレがバイトしているガソリンスタンドの会社が倒産し、【ガイアックス】と言う、ガソリンに代わるアルコール系の次世代自動車燃料の販売店の会社に変わったのだった。

 

なかなか就職の内定がもらえないオレは、このガイアックスに非常に興味を持ったので、バイトの流れで社員になる事に決めたのだった。

 

潰れたガソリンスタンドをリニューアルして新店舗を作ることになり、大学卒業後すぐにオレは、新店舗の副店長として移動することになったのだが…

 

ここは...呪われた死んだ土地だったのだ...

 

人手不足が続き、オレは約5ヶ月休みなしの開店から閉店まで働かせられる日々だった…

 

精神的・肉体的にも追い詰められてしまい…

 

『もう死んでもいい…』

 

と思ってしまう程だった…

 

しかし、ちょっとしたきっかけで自分で種を撒いて育てた

 

【日々草】の力強い姿を見て、オレは、生きる力をもらったのだった…

 

ようやく落ち着いたと思いきや…

 

社内では、大!人事異動が行われ、オレは新店舗の石岡店の店長に任命されたのだ。

 

オレは、以前いた【死んだ土地】と言われた店にいた時のトラウマがあり…

 

従業員募集に関して、ものすごく不安があったのだが…

 

募集をかけてから、奇跡と言わんばかりに一発で必要な人数が揃ってしまったのだ!!

 

オレの心配など必要なく、無事に石岡店がオープンし、スタッフたちもすぐに仕事を覚えて軌道に乗れたかと思いきや...

 

いきなりオレの店は、泥棒に入られるなど波乱万丈...

 

また平和に営業を続ける中...

今度は、りんごのような頬っぺたをした謎の少年が現れた...

 

( ゚Д゚)なんだチミは???

 

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

【石岡店・登場人物の紹介】

 

●オレ

23歳にして、会社内で最年少店長になる。

心の支えになる彼女を求めているが…彼女ができない強力な呪いに掛かり苦しんでいる…

 

●さかもっちゃん

21歳フリーター。VIPカーに乗った…

物静かで、素朴なヤンキー???

 

●かわちゃん

21歳フリーター。いかにもスタンドでバイトしてそうな、ややポッチャリの姉ちゃん

 

●保田

19歳大学生。しっかりとした頼りがいのある奴。オレの右腕になる存在。

 

●サイとタケ

2人とも19歳の専門学校生。友人同士。サイは真面目だが…タケは、ローライダーと言われる車に乗った…ヒップホッパー

 

●さおりっち

石岡店、唯一の女子高生。コギャルパワー全開の元気な子。父親は警察だが…娘は夜遊びで補導されるという強者…

 

●バックレお姉さん♡(出勤せず...クビ)

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

episode43

 

【オレ物語・本丸・第13章】

 

~珍事件勃発~

 

 

 

 

今日もまた平和に店の営業をしていた…

 

 

すると…

 

 

1人の少年が、歩いて店にやってきた…

 

(-ω- ?)

 

 

 

小学校5年生くらい?で、小太り…

 

ほっぺたは、リンゴのように真っ赤である…

 

 

 

少年は言った…

 

『あの~。

 

ボク…青森から来たんですけど…

 

リンゴジュース買ってくれませんか?』

 

 

 

 

 

 

 

 

Σ(-∀-;)はぁ???

 

 

 

 

 

 

 

少年よ…

 

君は、手ぶらで何も持ってないじゃないか…

 

(-∀-;)…

 

 

 

 

 

何だかよく分からんかったが…

 

 

 

 

 

【マッチ売りの少女】ならぬ…

 

 

 

 

 

 

【リンゴジュース売りの少年】の頼みなんで聞いてやることにした…

 

 

 

 

 

オレ『いいよ!リンゴジュースどこよ?』

 

 

 

 

 

すると…

 

少年は、歩いてスタンドを去って行った…

 

 

 

 

 

 

 

あれ?どこ行った???

 

(。´・ω・)?

 

 

 

 

 

 

 

 

と、思ったら…

 

 

 

リンゴジュース売りの少年の親父が車で登場!!

 

 

ε=\_○ノ ズッデーーン!!!!

 

 

 

 

ちゃっかり、リンゴジュース売りの少年も車に乗ってやがった…

 

(*_*;

 

 

 

 

 

 

あ~

 

 

なるほどね…

 

 

 

 

子どもの情けを利用して、リンゴジュース売ろうとしてんのか…

 

(-_-;)

 

 

 

 

 

ここから先は、親父の出番だ…

 

(-_-;)

 

 

 

 

リンゴ親父

『青森のリンゴ100%のジュースだ!!

 

1瓶800円の30本入り、2万4千円を…

 

2万円でどうだ!! Ψ(`∀´)Ψ 』

 

 

 

 

 

 

 

 

……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうだ!!Ψ(`∀´)Ψ

 

じゃね~だろが…(*_*;

 

 

 

 

 

30本もいらねーし…

 

 

ってか…

 

 

 

1本800円!!高くねぇ~???

 

( Д ) ゚ ゚アチャー!!!!

 

 

 

 

 

オレの頭ん中では…

 

 

グリコのリンゴジュース…

 

 

1本100円なんだよ…

 

Ψ(`∀´)Ψ ドウダ!!

 

 

 

 

 

ま~。

 

買ってやると言っちまったからには買うしかないか…

 

(-_-;)

 

 

 

 

オレ

『30本もいらないから、3本でいいや…

   3本で2千円なら買いますよ…(-_-)』

 

 

 

 

親父

『う~~~ん。わかった!!

 2千円でいいや!!Ψ(`∀´)Ψ 』

 

 

 

 

 

こうして…

 

 

リンゴジュース売りの親子は…

 

 

 

リンゴジュース売るだけ売って…

 

 

 

給油せずに去って行った…

 

 

 

青森から来たらしいが…

 

 

 

本当だろうか…

 

 

 

 

車のナンバーが…

 

 

 

 

 

【宮城】だったんだが…

 

(*_*;

 

 

 

 

ちなみにこのリンゴジュースは...

 

 

大変美味しくありませんでした...

 

( ̄д ̄)...

 

 

 

 

 

 

はたまた、ある日の夜…

 

 

時間は夜の8時半を回った…

 

オレの店は住宅地にあるので、この時間になると、車の通りも少なくて静かになる…

 

 

 

閉店の準備を少しずつやっていると、1台の車がやってきた…

 

 

 

 

 

お客さんか…

 

 

 

 

 

 

あれ? (-ω- ?)

 

 

変なトコに車を停めて、オレを呼んでいる…

 

(*_*;

 

 

車には、おばちゃんと、中学生くらいの娘?が乗っていた…

 

 

 

 

 

オレ『どうしましたか? (-ω- ?) 』

 

 

 

おばちゃん

『あの…。駅はどこにありますか…?』

 

 

 

 

 

 

なんだ…

 

 

 

 

 

お客じゃなくて、ただの道聞きか…

 

よくある【お尋ねします】か…

 

(-.-;)

 

 

 

 

オレ

『駅なら、来た道戻ってもらって…

銀行があるトコを左に曲がって真っ直ぐですよ。ここから2キロくらいです。』

 

 

 

 

 

 

すると、おばちゃんは…

 

『えーーー!!!

 

 Σヽ(゚Д゚○)ノ 』

 

 

 

 

『 2キロって言うと…

 

2,000メートルですよね?!!!』

 

 Σヽ(゚Д゚○)ノ

 

 

 

 

 

 

 

……

 

 

 

 

 

 

 

確かに…

 

メートルに変換すりゃ…

 

2,000メートルだが…

 

(-∀-;)

 

 

 

 

 

 

 

 

(# ゚Д゚) 山の高さじゃねーんだよ!!

 

 

 

 

 

 

 

なんでそんなに驚くんだ…

 

(-.-;)

 

 

 

 

 

 

すると、今度は…

 

 

おばちゃん

『じゃ、高速のインターはどこですか?』

 

 

 

 

 

 

 

はい? (-∀-;)???

 

 

 

 

駅がダメなら、高速のインターだなんて…

 

 

 

 

 

何がしたいんだよ…

 

(*_*;

 

 

 

 

 

 

オレ

『高速のインターなら…国道に出て、右に曲がって真っ直ぐです…

ここから5キロくらいです。

あ…5,000メートルくらいでしょうか…』

 

(-∀-;)…

 

 

 

 

 

 

 

おばちゃん『あ。そうですか。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(# ゚Д゚) おい!!

 

 

 

 

わざわざ、メートルに変換して言ってやったのに、なんだその無反応は!!

 

(# ゚Д゚) ムッカー

 

 

 

 

 

そして…

 

 

おばちゃんは、何かが納得いかないようなカンジで去って行った…

 

 

 

 

駅が2,000メートルでダメで…

 

 

高速のインターが5,000メートルでダメで…

 

 

 

 

 

 

 

いったい…

 

 

 

 

 

 

どこへ行こうと言うんだ…

 

 

 

 

 

電車に乗るなら、車を置いていくしかない…

 

高速なら、車に乗っていく…

 

 

 

どっちでもいいのか…

 

 

 

 

ってか、こんな時間にどこへ行くんだ…

 

(*_*;

 

 

 

 

 

 

 

謎だ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて…

 

この石岡店は、オレの店…

 

オレのやり方でやらせてもらう…

 

 

 

まずは店作りだ!!

 

ただのガソリンスタンドでは、つまらんので…

 

 

女性が親しみやすく…

 

入りやすい店を目指す♡

 

Ψ(`∀´)Ψ ドウダ!!!

 

 

 

 

花屋にプランターごと、花を注文して…

 

店の入り口に、花をズラーッと並べた♪

 

 

Ψ(`∀´)Ψ ドウダ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん経費で…

 

 

Ψ(`∀´)Ψ ドウダ!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

さらに…

 

オレは、この店の商売繁盛と、スタッフの平和を願い…

 

 

儀式をやることにした…

 

 

 

 

 

 

あの儀式…

 

 

 

 

 

以前いた、呪いの店のオープンの時に来た…

 

 

おばちゃん先生の儀式…

 

 

 

オレは、あのおばちゃん先生に…

 

きちんとこの儀式を毎月1日と15日にやるように言われていたので…

 

 

 

 

 

教祖様の教えは守らねばならぬ!!

 

 

 

 

 

それに…

 

社長が従う先生なんで…

 

 

先生の言うこと=社長の言うこと

 

 

 

なんで、文句あるまい…

 

 

 

 

 

と、言うことなんで…

 

これまた経費で…

 

 

●酒(松竹梅)

 

●塩(伯方の塩)

 

●米(秋田こまち)

 

 

を買ってきて、儀式を始めた…

 

 

 

 

まずは

 

店の神棚に…

 

 

 

『なんとか~ かんとか~

 

あ!なんとか~ かんとか~』

 

 

 

 

 

カンチョウのポーズで、神棚に指をさし…

 

【気】を送る!!

 

 

 

( ゚д゚)//『おぅ!おおおおぅ!!』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ψ(`∀´)Ψ 決まった…

 

 

 

 

 

 

 

 

次は…

 

 

店の敷地内のお清めをやる…

 

 

さかもっちゃんと、かわちゃんに…

 

 

酒と塩と米を持たせて…

 

 

 

 

 

3人で、店の敷地をグルグル回り…

 

 

 

 

( ゚д゚)//『おぅ!おおおおぅ!!!』

 

 

と、言いながら…

 

 

酒と塩と米を撒いた…

 

 

 

 

 

 

酒と塩は、土地を清め…

 

 

 

 

 

米は、土地を豊かにする…

 

 

 

 

 

 

 

 

らしい…

 

 

 

 

 

 

 

よし…

 

儀式は完了した…

 

 

商売繁盛・店内平和だ!!

 

Ψ(`∀´)Ψ ドウダ!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

そんなある日…

 

本社の本部長から電話が…

 

 

 

 

本部長

『おぃ!営業日報の経費に書いてある…

 酒と塩と米ってなんなんだ?!!!』

 

 

 

 

 

 

……

 

 

 

 

 

 

オレ

『先生に毎月1日と、15日に店内に撒くように言われてるので、買いましたが何か?』

 

 

 

 

 

本部長

『そんなのやらんでいい!!

 神棚のサカキだけ取り替えてればいいんだ!』

 

 

 

 

 

 

 

 

……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話しが違うじゃね~か…

 

(*_*;

 

 

 

 

 

さらに…

 

本部長

『経費に書いてある花代ってなんだ?』

 

 

 

 

オレ

『女性客が入りやすいように、店の入り口に花を飾ったんですが…』

 

 

 

 

 

本部長『ほう!!!!!』

 

 

 

 

 

 

 

……

 

 

 

 

 

 

 

 

ほう!!!!!!

 

ってなんだ?(*_*;

 

 

 

 

関心したのか…?(*_*;

 

 

 

 

怒ってんのか…?(*_*;(*_*;(*_*;

 

 

 

フクロウかぁ~???

 

 

 

 

どっちでもいいゃ~Ψ(`∀´)Ψケケケ

 

鳥オヤジめ‼

 

 

 

 

 

後から聞いた話しだが…

 

本部長は、日本で1番デカイ宗教の信仰者だったようだ…

 

 

 

社長が従う先生の宗教とは違う…

 

 

 

陰で、先生の宗教を嫌っているのだ…

 

 

 

だから、オレが酒と塩と米を撒いていたら怒ったのか…

 

 

 

 

会社内で、2つの宗派が対立している…

 

 

 

 

 

 

(# ゚Д゚)なんなんだよ!!

 

 

 

 

 

 

( `д´) どっちかにしろや!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、オレは…

 

 

 

 

 

 

めげずに…

 

 

 

 

 

 

この儀式をつづけた…

 

 

 

 

 

 

 

 

みほや教団の誕生である…

 

Ψ(`∀´)Ψ おぅ!おおおおぅ!!

 

 

 

to be continued…

 

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦

 

 

【次回予告】

 

さらなる珍事件勃発…

 

ウルトラ級の珍事件が…

 

 

 

オレを襲う…(*_*;

 

 

 

☆次回は1月14日にアップします☆

 

読者の皆様。明けましておめでとうございます。

今年も頑張ってハチワレ小説を掲載します!

末永くよろしくお願いします(*'▽')


episode44

 

【オレ物語・本丸・第14章】

 

~ 珍事件ウルトラ級! ~

 

 

 

♦【これまでのあらすじ】♦

  

時は2,000年初期の就職氷河期。オレたちの世代は、ロストジェネレーションと言われていた。

大学4年生の夏の頃にオレがバイトしているガソリンスタンドの会社が倒産し、【ガイアックス】と言う、ガソリンに代わるアルコール系の次世代自動車燃料の販売店の会社に変わったのだった。

 

なかなか就職の内定がもらえないオレは、このガイアックスに非常に興味を持ったので、バイトの流れで社員になる事に決めたのだった。

 

潰れたガソリンスタンドをリニューアルして新店舗を作ることになり、大学卒業後すぐにオレは、新店舗の副店長として移動することになったのだが…

 

ここは...呪われた死んだ土地だったのだ...

 

人手不足が続き、オレは約5ヶ月休みなしの開店から閉店まで働かせられる日々だった…

 

精神的・肉体的にも追い詰められてしまい…

 

『もう死んでもいい…』

 

と思ってしまう程だった…

 

しかし、ちょっとしたきっかけで自分で種を撒いて育てた

 

【日々草】の力強い姿を見て、オレは、生きる力をもらったのだった…

 

ようやく落ち着いたと思いきや…

 

社内では、大!人事異動が行われ、オレは新店舗の石岡店の店長に任命されたのだ。

 

オレは、以前いた【死んだ土地】と言われた店にいた時のトラウマがあり…

 

従業員募集に関して、ものすごく不安があったのだが…

 

募集をかけてから、奇跡と言わんばかりに一発で必要な人数が揃ってしまったのだ!!

 

オレの心配など必要なく、無事に石岡店がオープンし、スタッフたちもすぐに仕事を覚えて軌道に乗れたかと思いきや...

 

いきなりオレの店は、泥棒に入られたり、謎のリンゴジュース親子、2,000メートルばあさん...

 

様々な珍事件が勃発!

 

そしてさらに...

 

ウルトラ級の珍事件がオレに迫る!!

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

【石岡店・登場人物の紹介】

 

●オレ

23歳にして、会社内で最年少店長になる。

心の支えになる彼女を求めているが…彼女ができない呪いに掛かり苦しんでいる…

 

●さかもっちゃん

21歳フリーター。VIPカーに乗った…

物静かで、素朴なヤンキー???

 

●かわちゃん

21歳フリーター。いかにもスタンドでバイトしてそうな、ややポッチャリの姉ちゃん

 

●保田

19歳大学生。しっかりとした頼りがいのある奴。オレの右腕になる存在。

 

●サイとタケ

2人とも19歳の専門学校生。友人同士。サイは真面目だが…タケは、ローライダーと言われる車に乗った…ヒップホッパー

 

●さおりっち

石岡店、唯一の女子高生。コギャルパワー全開の元気な子。父親は警察だが…娘は夜遊びで補導されるという強者…

 

●バックレお姉さん♡(出勤せず...クビ)←次回から消しますw

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

episode44

 

【オレ物語・本丸・第14章】

 

~ 珍事件ウルトラ級! ~

 

 

 

 

ある日の朝…

 

今日も仕事である…(*_*;

 

いつも通りに9時出勤のオレは、余裕こいて夜ふかしばかりなんで、いつも時間ギリギリに起きる…

 

(≡ε≡;)...

 

 

朝メシなんて、食う時間もないくらい…

 

ギリギリまで寝てるので…

 

いつも車で通勤中に、おにぎりかじりながら店へと向うのである…

 

(≡ε≡;)↻↻↻

 

 

 

 

そんなある日…

 

通勤の通り道の交差点にスーパーがある…

 

スーパーにジュースの自販機があるんで、缶コーヒーを買っていこうと…

 

 

 

 

眠い目を擦りながら…

 

 

 

 

おにぎり食いながら…

 

 

 

 

スーパーの駐車場へ入ろうとした時…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ガダン!!!!!!

 

ゴガン!!!!!!』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ブボボボボボ……』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(≡ε≡;)あん?????

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何…???(*_*;

 

 

 

 

 

今の…?????

 

(;´Д`)ハァハァ

 

 

 

 

 

 

慌てて車から降りてみると…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

( Д ) ゚ ゚おりゃ~~~????

 

 

 

 

 

なんと…

 

車が宙に浮いてるではないか!!!

 

( Д ) ゚ ゚アヒャー!!!!!

 

 

 

 

車が宙に浮いてるとは知らず…

 

車を降りた瞬間に…

 

 

 

車から転げ落ちた…コテン↻

 

 

 

 

朝から、1人コントである…

 

(*_*;

 

 

 

 

 

宙に浮いてる車をよく見てみると…

 

 

 

 

 

 

( Д ) ゚ ゚何だこりゃ~~~??

 

 

 

 

 

 

なんと…

 

小さな縁石に、見事にオレの車が乗っかっているではないか!!

 

 

小さな縁石は、オレの車の下のちょうど真ん中にあって…

 

 

 

 

例えるなら…

 

 

亀さんを、小さな石ころの上に乗せて…

 

両足が地面に届かず…

 

 

バタバタしている状態である…

 

(*_*;

 

 

 

 

 

 

何これ… (≡ε≡;A)...

 

 

 

どうやって…こうなったんだ…???

 

(゚Д゚)↻↻↻

 

 

 

 

普通…

 

 

縁石なら、車のフロントバンパーに当たって分かるんだが…

 

 

フロントバンパーにぶつからず、見事に縁石に乗り上げている…(*_*;

 

 

 

 

たぶん…

 

 

スーパーの駐車場へ曲がった時に、うまい具合で…

 

 

斜めから縁石に入って行ったんだろう…

 

 

 

 

もう1回やれ!!と言われても…

 

絶対に出来ない…

 

 

 

この縁石への進入角度は、パーフェクトだ…

 

v( ̄Д ̄)v イエイ

 

 

 

 

 

 

さて困った…

 

 

車のタイヤが…

 

 

宙に浮いてるので走らない…(*_*;

 

 

 

 

ってか、こんなのありなんですか??

 

(*_*;

 

 

 

確率で言ったら、スゴイ確率だと思う…

 

 

こんなアホな事が、スゴイ確率で起こってるんなら…

 

 

 

 

(# ゚Д゚) 宝くじ当たれや!!!

 

 

 

 

 

 

スーパーの買い物客たちが、ジロジロ見ている…

 

( ゚д゚)

 

(゜o゜)

 

|д゚)チラッ

 

Σ(゚Д゚)

 

(・。・)

 

 

 

 

 

 

見るな…

 

見せ物じゃねぇ~んだよ…

 

(≡ε≡;A)...

 

 

 

 

 

オレは、何くわぬ顔をして…

 

『こんなの大したことねぇよ!

 ( ´∀`) 』

 

的な余裕の表情を見せて…

 

 

(ホントは、メチャ焦ってる…)

 

 

 

 

とりあえず、亀さん状態からの脱出を考えた…

 

 

 

宙に浮いてるタイヤの下に何か挟むか…

 

 

 

 

たまたま、スーパーの駐車場に、コンクリートブロックがあったので、車のタイヤの下に挟んでみた…

 

 

これで走れるか……な?

 

 

 

 

車に乗って、アクセルを踏んだ…

 

 

 

 

 

『ブオオオオオオオン!!!

 

ガリ!!バラバラバラバラ…』

 

 

 

 

 

 

 

(≡ε≡;A)...

 

 

 

 

 

 

なんと…

 

 

 

タイヤの下に挟んだコンクリートブロックは…

 

 

オレの車のパワーに負けて…

 

 

 

バラバラになり…

 

 

 

後ろへ飛び散ってしまった…(*_*;

 

 

 

 

後ろに車や人がいなくてよかった…

 

(≡ε≡;A)...

 

 

 

死人が出るとこだった…

 

(;´Д`)ハァハァ

 

 

 

 

 

 

さて…

 

どうしたもんか…

 

(`-д-;)ゞ

 

 

 

 

このアホな自分の車を眺めながら考えていると…

 

 

 

 

 

 

『あららら!!あんちゃん大丈夫??』

 

 

と…

 

派手な格好したオバチャンがやって来た…

 

 

 

さらに、オバチャンは…

 

 

『今、車屋さん呼んでやっから待ってな!』

 

 

と、電話を掛け始めた…

 

 

どうやら、すぐ近くに車の修理屋さんがあるらしく、電話してくれたようだ…

 

 

 

 

オレ『スイマセン…

 ありがとうございます…(*_*;』

 

 

 

 

車の修理屋さんが救出に来るまで、オレは親切な派手なオバチャンと地面に座りながら、世間話しをしていた…

 

 

 

 

すると…

 

派手なオバチャンが、こう話し始めた…

 

 

 

『ウチの旦那…バカだから麻薬やって捕まっちゃったんだよ…』

 

 

 

 

 

 

 

 

……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

……

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ今…

 

そんな話しをする…

 

(*_*;

 

 

 

 

 

 

 

オレ『そうなんですか…

 大変…でしたね…(*_*;』

 

 

 

 

オバチャン

『あの人はね…

 ほんとバカなんだよ…』

 

 

 

 

 

 

 

……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

……

 

 

 

 

 

 

 

なんで今…

 

その話しをするんだ…(*_*;

 

 

 

 

たった今…

 

 

 

 

オレは…

 

 

 

 

あなたと会ったばかりなんですが…

 

 

 

 

 

オレは、自分の車のマヌケな姿にガッカリし…

 

 

 

オバチャンは、自分の旦那にガッカリし…

 

 

 

 

 

2人並んで地面に座りながら…

 

 

 

 

 

 

無言で…

 

 

 

 

 

 

ただ、ただ無言で…

 

 

 

 

あのアホなオレの車を眺めながら…

 

 

 

 

 

2人…

 

 

 

 

 

 

 

たそがれていた…

 

 

 

 

 

 

 

 

15分位たそがれていただろうか…

 

車の修理屋さんがやって来た…

 

 

 

 

無事にオレのアホな車は救出されたのだったが…

 

 

車のマフラーが、縁石に乗っかったせいで外れてしまい…

 

 

 

『ガロガロガロガロガロ…』

 

 

 

と…

 

さかもっちゃんのVIPカーより爆音になってしまった…

 

(*_*;(*_*;(*_*;

 

 

 

このまま走ってたら、警察に捕まりそうなんで、車の修理屋さんの工場まで行って直してもらうことにした…

 

 

 

親切な派手なオバチャンは…

 

『あんちゃん!よかったね!アタシは買い物してくるからね!じゃ~ね!』

 

 

と言って…

 

 

スーパーの中へ消えていった…

 

 

 

 

 

オレ『ありがとうございました…』

 

(TдT)

 

 

 

 

 

 

 

さて…

 

車の修理屋さんの工場に着いた…

 

ホントに、すぐ近くにあった…

 

(゜o゜)

 

 

 

 

マフラーが外れただけだったんで、15分位で修理は終わった…

 

 

修理屋さんの おっちゃんに

 

『おいくらですか???』

 

 

と、聞くと…

 

 

 

おっちゃん

『あ?う~~~ん。5,000円でいいや!』

 

 

と言った…

 

 

 

 

 

さらにオレは…

 

『あの~。さっきの親切なオバチャンは、お知り合いですか?』

 

と聞くと…

 

 

 

おっちゃん

『そうだよ!よく顔出しにくるよ!』

 

と言ったんで…

 

 

 

 

 

オレは、1万円札を差し出して…

 

『あの~。お釣りは、あの親切なオバチャンにあげてくれませんか?よろしくお伝えください…』

 

 

 

おっちゃん

『わかったよ!ありがとね!』

 

 

 

 

 

 

こうして…

 

オレは、車の修理屋さんを去り職場へ向かった…

 

 

 

 

見事な確率で、もしもしカメさん状態になったオレの車を、奇跡的に現れた派手なオバチャンが救ってくれた…

 

 

 

あの派手なオバチャンにも悩みがあったのか…

 

 

 

 

アホな車を眺めながら…

 

2人で たそがれたあの時間を忘れはしない…

 

 

 

 

 

 

ありがとう…

 

 

 

 

派手なオバチャン…

 

 

 

 

強く生き抜いてください…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて。

 

店の営業も順調に進み、バイトのみんなも全て仕事がこなせるようになったので…

 

ようやく週に一度の休みがとれるようになった…

 

ありがたいことだ...

(TдT)

 

 

オレが休む日は、暇な平日が基本だが…

 

 

 

明日は土曜日…

 

 

 

どうしても仕事を休まなくてはいけない…

 

 

 

 

 

明日は、とても大切な日…

 

 

 

 

 

 

なぜなら…

 

 

 

 

 

 

明日は…

 

 

 

 

 

 

 

姉の結婚式だからだ…

 

 

 

to be continued…

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦

 

 

【次回予告】

 

~姉の結婚~

 

 

☆次回は1月21日にアップします☆

 

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦

 


 

 

episode45

 

【オレ物語・本丸・第15章】

 

~ 姉の結婚 ~

 

 

 

♦【これまでのあらすじ】♦

  

時は2,000年初期の就職氷河期。オレたちの世代は、ロストジェネレーションと言われていた。

大学4年生の夏の頃にオレがバイトしているガソリンスタンドの会社が倒産し、【ガイアックス】と言う、ガソリンに代わるアルコール系の次世代自動車燃料の販売店の会社に変わったのだった。

 

なかなか就職の内定がもらえないオレは、このガイアックスに非常に興味を持ったので、バイトの流れで社員になる事に決めたのだった。

 

潰れたガソリンスタンドをリニューアルして新店舗を作ることになり、大学卒業後すぐにオレは、新店舗の副店長として移動することになったのだが…

 

ここは...呪われた死んだ土地だったのだ...

 

人手不足が続き、オレは約5ヶ月休みなしの開店から閉店まで働かせられる日々だった…

 

精神的・肉体的にも追い詰められてしまい…

 

『もう死んでもいい…』

 

と思ってしまう程だった…

 

しかし、ちょっとしたきっかけで自分で種を撒いて育てた

 

【日々草】の力強い姿を見て、オレは、生きる力をもらったのだった…

 

ようやく落ち着いたと思いきや…

 

社内では、大!人事異動が行われ、オレは新店舗の石岡店の店長に任命されたのだ。

 

オレは、以前いた【死んだ土地】と言われた店にいた時のトラウマがあり…

 

従業員募集に関して、ものすごく不安があったのだが…

 

募集をかけてから、奇跡と言わんばかりに一発で必要な人数が揃ってしまったのだ!!

 

オレの心配など必要なく、無事に石岡店がオープンし、スタッフたちもすぐに仕事を覚えて軌道に乗れたかと思いきや...

 

いきなりオレの店は、泥棒に入られたり、謎のリンゴジュース親子、2,000メートルばあさん...

 

オレの車が、もしもしカメさん!などの珍事件が勃発!

 

 それはさておき。優秀なバイトたちのおかげてオレは安心して休みをとれるようになった。オレが休みをとるのは基本平日だが、明日は土曜日。どうしても休まねばならない...

 

 

なぜなら...

 

 

 

明日は姉の結婚式だからだ...

 

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

【石岡店・登場人物の紹介】

 

●オレ

23歳にして、会社内で最年少店長になる。

心の支えになる彼女を求めているが…彼女ができない強力な呪いに掛かり苦しんでいる…

 

●さかもっちゃん

21歳フリーター。VIPカーに乗った…

物静かで、素朴なヤンキー???

 

●かわちゃん

21歳フリーター。いかにもスタンドでバイトしてそうな、ややポッチャリの姉ちゃん

 

●保田

19歳大学生。しっかりとした頼りがいのある奴。オレの右腕になる存在。

 

●サイとタケ

2人とも19歳の専門学校生。友人同士。サイは真面目だが…タケは、ローライダーと言われる車に乗った…ヒップホッパー

 

●さおりっち

石岡店、唯一の女子高生。コギャルパワー全開の元気な子。父親は警察だが…娘は夜遊びで補導されるという強者…

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

episode45

 

【オレ物語・本丸・第15章】

 

~ 姉の結婚 ~

 

 

 

 

オレには3つ年上の姉がいる。

 

今は仲が良いが、昔はよくケンカしていたので…

 

 

 

(# ゚Д゚) クソ姉!!

 

 

と思っていた…

 

 

 

 

どうせなら…

 

クソ姉より、可愛い妹の方がよかったのだが…

 

オレの母親似の妹だったら…

 

 

 

 

 

 

いらん…(-_-)↻↻↻

 

 

 

 

 

オレは、小さい頃から【姉思いの弟】

と言われていて…

 

母親と買い物に出かけるときは必ず…

 

 

『お姉ちゃんの分も買う!』

 

と言って、お菓子を2つ買っていた。

 

 

 

 

 

が…

 

 

逆に、姉が母親と買い物に行くと…

 

自分の事だけしか考えず…

 

オレの分は、いつも買ってこない…

(-_-;)

 

 

 

 

 

食い物の恨みは一生忘れないと言うが…

 

 

 

 

 

本当だ…(-_-;)

 

 

 

 

オレが幼稚園児の時…

 

姉が1人でアイスを食っていた…

 

 

 

 

で…

 

 

 

 

 

食い終わったアイスの棒を…

 

オレに渡してきた…

 

(# ゚Д゚) チッキショー!!!!!!!

 

 

 

 

さらに…

 

 

母親が、『2人で食べなさい』と…

 

雪見だいふくを1つ買ってきた…

 

 

 

雪見だいふくは、2個入りなんで…

 

もちろん1個ずつ食べるんだが…

 

 

 

オレが遊びに行って帰ってきた時…

 

 

 

姉は、すでに雪見だいふくを食い始まっていた…

 

 

 

が…

 

 

 

すでに1個食い終わっていて…

 

 

なんと!!

 

 

オレの分の2個目を食い始まっていたのだった!!!

 

( Д ) ゚ ゚ぇぇー!!!!

 

 

 

 

 

姉は、オレに気が付き…

 

 

急いで…

 

 

『はいよ!(-_-)』

 

 

と、雪見だいふくを渡してきたのだったが…

 

 

 

 

 

すでに遅し…

 

 

 

 

 

オレ分の雪見だいふくは…

 

 

 

 

 

 

半分食われていた…(泣)

 

_| ̄|○ il||li ウウウ…

 

 

 

 

 

小さい頃は、何かにつけてケンカになり…

 

姉が…

『なんだ?やんのかこの野郎!!』

 

と言ってきて…

 

 

 

 

格闘開始!!

 

Σ(゚∀´(┗┐ヽ(・∀・ )ノ

 

 

ヽ(#゚Д゚)ノ┌┛(ノ´Д`)ノ

 

 

( ´Д`)=○ )`ъ')・:'.,

 

 

 

 

 

小さい頃は、3つ歳が離れていると、さすがに姉は強かったので…

 

 

 

いつも敗北していた…

↻↻↻↻

 

 

 

 

しかし…

 

 

オレが、小学校1年生になった時に…

 

またケンカが勃発した…

 

 

 

基本的に…

 

 

 

ケンカの原因は…

 

 

 

姉が悪い…(-_-;)

 

 

 

 

また、格闘が開始され…

 

Σ(゚∀´(┗┐ヽ(・∀・ )ノ

 

 

ヽ(#゚Д゚)ノ┌┛(ノ´Д`)ノ

 

 

( ´Д`)=○ )`ъ')・:'.,

 

 

 

たまたまオレの右ストレートが、姉の顔面に当たり…

 

ヽ(`Д´☆ガッ⊂(・∀・ )

 

 

 

 

 

 

姉…

 

 

 

 

 

 

ダウン…コテン↻↻↻

 

 

 

 

 

 

 

オレの勝利となった !!

 

ヽ(◎´∀`)ノ

 

 

 

 

 

初めて…宿敵の姉を倒したのだった!!

 

。゚ヽ(゚´Д`)ノ゚。

 

 

 

 

 

それ以来…

 

姉は、オレにケンカを売ってくることはなかった…

 

 

(^_^)平和だ

 

 

 

 

 

 

 

さて…

 

明日は、姉の結婚式なので…

 

普段は、閉店まで店にいるオレなんだが…

 

明日の準備があるんで夕方に帰ることにした。

 

 

バイトたちも優秀だし、安心して店を任せられるので、今日は早めに帰らせてもらうことにした…

 

 

 

 

帰宅してから、姉を車に乗せて…

 

明日の結婚式の為に、姉が注文しておいた

ブーケを花屋まで取りに行った。

 

 

姉は、オシャレな店が好きだから、わざわざ遠い花屋まで行って注文してきたのだった…

 

 

 

 

ま…

 

結婚式のブーケだから気合が入るわな…

 

 

 

 

花屋からブーケを受け取り、自宅へと向かった…

 

 

 

車内で、姉はブーケを見つめながら嬉しそうな顔をしていた…

 

 

 

 

明日は、姉の結婚式…

 

 

 

 

オレは、今まで仕事が忙しくて、ろくに休みもとれないし、自分のことで精一杯だったから…

 

 

 

 

気がつけば…

 

 

 

 

 

明日…

 

 

 

 

 

姉は結婚する…

 

 

 

 

 

帰りの車内では、特に会話もなかったが…

 

 

ブーケを嬉しそうに見つめている姉を見て…

 

 

オレも嬉しかったが…

 

 

 

なぜか…

 

 

 

半分寂しさを感じた…

 

 

 

 

 

 

 

 

と…そこで…

 

 

『ガタン!!!』

 

 

と、オレの車が揺れた…

 

 

 

 

すると…

 

姉のブーケの花が1つ…

 

 

 

 

 

ポロリ…↻↻↻

 

 

 

 

と、とれてしまった…

(*_*;

 

 

 

 

『(# ゚Д゚) 何すんだよ!!』

 

 

 

 

オレ

『あ……ゴメン……(*_*; 』

 

 

 

 

 

なんせ、オレの車は…

 

走り屋仕様なんで…

 

車高が低く、サスペンションが硬いので…

 

ちょっとした道路の段差でも、かなりの振動がある…

(*_*;

 

 

 

 

とれちゃった花は、ブーケに差し込んどけば、わかんないでしょ…

(-.-;)

 

 

 

 

姉は、オレと同じく?恋愛には縁がなかった…

 

 

姉は、女子校に通い…

 

 

その後…

 

 

女子短大へ…

 

 

 

全く出会いがなかった姉だったが、ある日

合コンをやったらしく…

 

 

そこで知り合ったのが、今の旦那さんである。

 

 

 

たぶん…姉は、今の旦那さんが最初で最後の彼氏だったと思う…

 

 

姉は、旦那さんと7年もの交際の上…

 

結婚に至ったのである…

 

 

 

 

 

なんともま~

 

 

 

 

テレビドラマのような恋愛ですこと…

 

 

 

 

 

オレなんて…

 

 

 

彼女出来ても…

 

 

 

すぐに終わるし…

 

 

 

フラレるし…(泣)

 

 

 

2年間付き合った彼女とも、なんだかんだ合わなくて…サヨウナラ…

 

 

 

 

トドメに…

 

 

 

 

只今…

 

彼女が出来ない強力な呪いにかかっているし…

 

_| ̄|○ il||li ぅぅぅ…

 

 

 

 

 

 

 

そういえば...

 

初めて彼氏が出来たと…姉が今の旦那さんを家に連れてきた時があった…

 

 

 

オレが初めて姉の旦那さんを見た時の第一印象は…

 

 

 

 

 

 

あ…

 

 

前歯がない… (・∀・;)

 

 

 

 

 

 

姉の旦那さんが、ニコっと笑った瞬間に…

 

 

前歯がなかった…

(・∀・;)

 

 

 

 

どうやら、数日前に…

 

 

 

硬いせんべいを食べて…

 

 

 

歯が折れたらしい…↻↻↻

 

(現在、治療済〇)

 

 

 

 

 

さらに…

 

話しをすると…

 

 

半分言葉が分からなかった…

 

(≡ε≡;A)???

 

 

 

 

 

なんと…

 

 

姉の旦那さんは、九州は福岡県…

 

九州男児で、バリバリの博多弁だったのだ…

 

(*_*;

 

 

仕事の関係で、こちらへ来ているが次男なので、こちらへ永住するようである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて。次の日…

 

今日は、いよいよ姉の結婚式である…

 

 

 

オレは早めに家を出発し、結婚式の会場であるホテルへ行った…

 

 

 

今日は、朝から小雨が降っている…

 

 

 

なんとなく予想はしていたが…

 

 

 

やはり今日は雨だった…

 

 

 

なぜなら…

 

 

 

姉は、根っからの雨女だからだ…

 

 

何かにつけて、姉のお祝い事の行事があると、いつも雨が降っていた…

 

 

 

産まれた時…

 

 

入学式…

 

 

卒業式…

 

 

確か…成人式も天気が怪しかった…

 

 

七五三も…

 

 

 

 

特に…

 

七五三は、どしゃぶりの雨だった…

 

原因は、姉が雨女だからだ…

 

 

オレのせいではない…

 

 

 

これには、ちょっとしたエピソードがあった…

 

 

オレと姉は歳が3つ離れているが、姉は2月産まれなので、七五三を一緒にやったのだ…

 

 

オレが、数えの5歳で、姉が7歳の時…

 

 

今の時代、ほとんどやらないが…

昔、田舎では、七五三と言えば、親戚や近所の人を自宅やホテルへ招待して、盛大なパーティーをやったもんである…

 

 

結婚式の披露宴と同じである…

(*_*;

 

 

 

七五三の数日前の出来事…

 

オレは、ご飯に味噌汁をかけて食べるのが好きで…

 

たまたま、夕飯で何のお祝いでもないのに赤飯が出てきた…

 

 

で…

 

 

つい…クセで…

 

オレは、赤飯に味噌汁をかけて食べてしまったのだった…

 

 

 

田舎では、赤飯に味噌汁をかけると…

 

 

 

自分のお祝い事の日に雨が降るという古い言い伝え?があった…

 

 

 

だから…七五三の日に、どしゃぶりの雨が降ったのは、オレが赤飯に味噌汁をかけたせいだとされてきたが…

 

 

 

 

違う…

 

 

 

 

原因は、姉が雨女だからだ…(-_-;)

 

 

 

 

 

オレのせいではない…

 

 

 

 

 

 

絶対にそうだ…(-_-)

 

 

 

 

 

赤飯に味噌汁をかけて雨が降るなら、この世は干ばつの問題が解消される!

もはやノーベル賞だ!!

 

 

 

 

 

さて。

 

姉の結婚式が始まるまでまだ時間があった…

 

なぜだか今日は、姉との思い出がたくさん浮かんでくる…

 

 

 

オレが、高校3年生の卒業式の前日の時だ…

 

 

夢と希望を持って、一生懸命勉強して合格を勝ち取って入学した高校…

 

 

しかし…

 

 

ガリガリのガリ勉君ばかりで、つまらなく

 

入りたくない野球部に強引に誘われ、ツルピカ坊主な頭をさらしながら過ごした3年間…

 

いい人ね♡呼ばわりで、彼女なんて出来やしない…

 

 

青春もクソもなかった…

 

 

さっさと卒業したかった…

 

 

せめて卒業式くらい…

 

 

今までの恨みを晴らすために…

 

 

卒業式は、金髪で登場し…

 

 

奴らをビビらせてやろうと思い…

 

 

ドラックストアで、ブリーチを買っておいた…

 

 

 

卒業式の前日の夜…

 

明日に向けて金髪にしてやろうと…

 

この前買っておいたブリーチを使おうとしたら…

 

 

 

 

あれ??? (-ω- ?)

 

 

 

 

ブリーチがない… (-ω- ?)

 

 

 

 

洗面所に置いておいたハズなんだが…

 

(-ω- ?)

 

(-ω- ?)

 

(-ω- ?)

 

 

 

 

姉に聞いてみると…

 

 

 

 

 

 

 

『(゚∀゚)使っちった!!』

 

 

 

 

 

 

 

 

はぁぁぁぁぁぁぁ?????

 

( Д ) ゚ ゚

 

 

 

 

 

 

オレが、買ってきたのに!!!

 

(#゚Д゚)カァー!!!

 

 

 

オレのブリーチだし!!!

 

(#゚Д゚)カァー!!!

 

 

 

なんで勝手に使ってんだよ!!!

 

(#゚Д゚)カァー!!!

 

 

 

 

 

ってか、

 

 

姉ちゃん髪の色変わってるし!!!

 

 

 

 

 

 

 

(# ゚Д゚) かぁぁぁぁぁ!!!

 

 

 

 

 

 

 

明日のオレの卒業式の金髪計画が…

 

_| ̄|○ il||li ぅぅぅ…

 

 

 

 

 

この時間では、今からドラックストアへ買いに行っても間に合わないだろう…

 

 

ってか、チャリンコでは無理だ…

 

_| ̄|○ il||li ぅぅぅ…

 

 

 

 

何か代わりの物はないかと…

 

 

洗面所を探した…

 

 

 

すると…

 

 

 

ホコリを被った箱があった…

 

 

 

 

 

 

 

こっ…これは……

 

 

 

 

 

 

 

 

【ブローネ早染め白髪用(ブラウン)】

 

 

 

 

 

母親のだった…↻↻↻

 

 

 

 

 

 

仕方ない…

 

 

 

 

こうなったら…

 

 

 

 

髪が染まれば…

 

 

 

 

 

白髪用だろうがなんでもいい!!!

 

ヾ(*`Д´*)ノ"

 

 

 

 

 

次の日…

 

 

 

オレは…

 

 

 

 

【ほんのりブラウン】に染まった髪で卒業式を迎えたのだった…

 

(今思えば...金髪の卒業式じゃなくて良かった...)

 

 

 

 

 

 

さて…

 

姉の結婚式が始まった…

 

挙式は、チャペルではなく、神前だった。

 

 

実は、当時のオレは、結婚式に行ったことながなく…

 

 

初めて行く結婚式が、姉の結婚式だったのだ…

 

 

 

白無垢姿の姉を見て…

 

 

 

不思議な感じだった…

 

 

 

 

神前の式の最中…

 

旦那さんが、緊張しているのか…

 

 

暑いのか…

 

 

メチャ汗をかいていて、付き添いの人が一生懸命拭いていた…(*_*;

 

 

 

 

式が終わり…

 

 

 

披露宴へと移った…

 

 

 

 

親戚のオッチャンに…

 

『今度は、君の番だな!わははは!』

 

と言われたので…

 

 

 

 

オレ

『いゃ…たぶん…

あと10年はムリですね…(泣)』

 

と言った…

 

 

 

 

 

なんせ…

 

今、彼女が出来ない強力な呪いにかかってるから…

 

_| ̄|○ il||li ぅぅぅ…

 

 

 

 

披露宴では、姉の友達のキレイなお姉さんがたくさん来ていた…

 

 

 

 

 

あ~

 

 

 

最悪の場合…姉ちゃんに友達紹介してもらうしかないかな…

(*_*;(*_*;(*_*;

 

 

 

 

 

披露宴もクライマックスに入り…

 

 

 

姉が、親父と母親に手紙を読むシーンとなった…

 

 

 

バックミュジックは…

 

kiroroの【未来へ】

 

だった…

 

 

 

ただてさえ…涙が出そうな曲…

 

 

 

 

姉は…

 

 

 

声がでず…

 

 

 

手紙を読むことが出来なかった…

 

 

 

 

 

 

すると…

 

 

近くにいたお客さんが…

 

『頑張れ!!!』

 

と言った…

 

 

 

 

その瞬間に…オレは感極まってしまい…

 

 

 

滝のような涙が出てしまった…(TдT)

 

 

 

たぶん、オレが一番…

 

 

 

会場で泣いている…(TдT)

 

 

 

オレの両親より泣いている…(TдT)

 

 

 

オレは、この日の、姉の晴れ姿を写真に撮っておこうと…

 

 

 

大泣きしながら…カメラを持ってグルグルと会場を歩き回っていた…

 

 

(TдT)↻↻↻↻↻↻

 

 

 

姉が、親父と母親に伝えた言葉で、心に残った言葉があった…

 

 

『お父さん…お母さん…

 

一度だけ朝帰りしてしまった事…

 

本当に心配かけてごめんなさい…』

 

 

 

 

そう…

 

 

箱入り娘だった姉は…

 

 

一度だけ朝帰りした事があったのだ…

(ただの寝坊だろうが...)

 

 

親父と母親は、めちゃくちゃ心配し…

 

 

特に、親父は激怒していた…

 

 

姉は帰ってきてから

 

 

 

『お父さん、お母さん

 

心配かけてごめんなさい…』

 

 

 

と、手紙を書いて部屋にこもっていたのが

 

印象的だった…

 

 

 

 

 

オレなんか…

 

2・3日帰らなくても、電話すら掛かってこないんだがな…

(-_-;)

 

 

 

 

姉は、泣きながらも…なんとか手紙を読み終えて…

 

 

披露宴は終わったのだった…

 

 

 

 

 

披露宴の会場の外で、新郎新婦と両家の親が並んで、お客さんを見送る時に…

 

 

 

まだオレは、しつこく泣いていた…

 

(TдT)↻↻↻

 

 

 

もう誰も…

 

 

 

姉すらも泣いていなんだが…

 

 

 

なんでオレだけ泣いてんだか…

 

(TдT)↻↻↻

 

 

 

オレは…

 

なんでだか知らんが…

 

新郎新婦と、両家の親が並んでる所から少し離れたとこで…

 

 

 

お客さんたちに…

 

『(TдT)ありがとうございました~』

 

 

と…

 

 

 

いらん挨拶をしていた…

 

 

 

それを見ていた人達は皆…

 

 

 

『いい弟だ(^_^)』

 

 

 

『いい弟ですね…(T_T)』

 

 

 

『弟さん見て感動したゎ…(´;ェ;`)ウゥ』

 

 

 

 

などなど…

 

 

有名になったらしい…

 

 

 

 

 

 

 

姉ちゃんよ…

 

 

 

オレは…

 

 

 

今でも大切に持っているものがある…

 

 

 

姉ちゃんが、小学校3年生の遠足の時に

初めてオレに買ってきてくれたお土産…

 

 

 

親指くらいの大きさの…

 

 

 

貝殻で出来た…

 

 

 

小さなカメの飾り物…

 

 

 

 

なぜか…

 

 

 

それが嬉しくて…

 

 

 

ものすごく気に入って…

 

 

 

 

今でも、大切に持っています…

 

 

 

 

 

 

 

オレは…

  

今日の姉の晴れ舞台を見て思った…

 

 

 

 

 

 

 

姉ちゃんよ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クソ姉よ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オレなんか、どうなってもいいから…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あんただけは…

 

 幸せになれよ…

 

 

 

 

 

 

to be continued…

 

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦

 

 

【次回予告】

 

~ 女の気配 ~

 

ついに…

 

このオレに縁談の話しが…

 

 

☆次回は、1月28日にアップします☆

 

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦

 

 


episode46

 

【オレ物語・本丸・第16章】

 

~ 女の気配 ~

 

 

 

♦【これまでのあらすじ】♦

  

時は2,000年初期の就職氷河期。オレたちの世代は、ロストジェネレーションと言われていた。

大学4年生の夏の頃にオレがバイトしているガソリンスタンドの会社が倒産し、【ガイアックス】と言う、ガソリンに代わるアルコール系の次世代自動車燃料の販売店の会社に変わったのだった。

 

なかなか就職の内定がもらえないオレは、このガイアックスに非常に興味を持ったので、バイトの流れで社員になる事に決めたのだった。

 

潰れたガソリンスタンドをリニューアルして新店舗を作ることになり、大学卒業後すぐにオレは、新店舗の副店長として移動することになったのだが…

 

ここは...呪われた死んだ土地だったのだ...

 

人手不足が続き、オレは約5ヶ月休みなしの開店から閉店まで働かせられる日々だった…

 

精神的・肉体的にも追い詰められてしまい…

 

『もう死んでもいい…』

 

と思ってしまう程だった…

 

しかし、ちょっとしたきっかけで自分で種を撒いて育てた

 

【日々草】の力強い姿を見て、オレは、生きる力をもらったのだった…

 

ようやく落ち着いたと思いきや…

 

社内では、大!人事異動が行われ、オレは新店舗の石岡店の店長に任命されたのだ。

 

オレは、以前いた【死んだ土地】と言われた店にいた時のトラウマがあり…

 

従業員募集に関して、ものすごく不安があったのだが…

 

募集をかけてから、奇跡と言わんばかりに一発で必要な人数が揃ってしまったのだ!!

 

オレの心配など必要なく、無事に石岡店がオープンし、まぁ...いろいろと細かいことはあったが、スタッフたちもすぐに仕事を覚えて軌道に乗れた。

 

 

そんな中…

 

オレの姉が、めでたく結婚した…

 

オレは、姉の幸せを願うばかりであったが…

 

 

 

今度は、オレに…

 

 

 

女の気配が近づいて来たのだった…

 

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

【石岡店・登場人物の紹介】

 

●オレ

23歳にして、会社内で最年少店長になる。

心の支えになる彼女を求めているが…彼女ができない強力な呪いに掛かり苦しんでいる…

 

●さかもっちゃん

21歳フリーター。VIPカーに乗った…

物静かで、素朴なヤンキー???

 

●かわちゃん

21歳フリーター。いかにもスタンドでバイトしてそうな、ややポッチャリの姉ちゃん

 

●保田

19歳大学生。しっかりとした頼りがいのある奴。オレの右腕になる存在。

 

●サイとタケ

2人とも19歳の専門学校生。友人同士。サイは真面目だが…タケは、ローライダーと言われる車に乗った…ヒップホッパー

 

●さおりっち

石岡店、唯一の女子高生。コギャルパワー全開の元気な子。父親は警察だが…娘は夜遊びで補導されるという強者…

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

episode46

 

【オレ物語・本丸・第16章】

 

~ 女の気配 ~

 

 

 

姉の結婚式が無事に終わり、またいつも通りの仕事三昧の生活に戻った…

 

 

そんなある日…

 

 

オレの会社の先輩が、奥さんの務めている会社の独身のお姉さんをオレに紹介してくれるという朗報が入った!!

 

ヽ(〃v〃)ノ ワ~イ♡

 

 

 

 

紹介だなんて…

 

(*´∀`*)

 

 

 

そのお姉さんも、将来の伴侶を求めてるから真面目に考えているんだろう…

 

(*´艸`*)ムフフ…

 

 

 

ただの合コンではない!!

 

 

 

お見合いに近い合コンだ!!!

 

(# ゚Д゚) ヨッシャー!!!お見合コンだぁ!!!

 

 

 

 

先輩夫婦に日程を決めてもらい、時間は夜の7時から居酒屋でやることになった!

 

 

 

今では、オレの店もバイトたちがしっかりしているので、閉店作業を任せて帰る事が出来る♪

 

 

 

 

そして…

 

お見合いのような合コンの日がやってきた…

 

 

 

 

夕方からは、大学生の保田と、女子高生のさおりっち、専門学校生のサイがやってくるので、安心して店を任せられる♪

 

 

 

 

で…夕方になり…

 

 

保田と、さおりっちが来たんだが…

 

 

 

 

 

サイが来ない…(*_*;

 

 

 

 

 

店に電話がかかってきた…

 

サイ『スイマセン!授業が長引いてしまい、1時間遅刻しますm(__)m』

 

 

 

 

 

 

 

(# ゚Д゚) なぁ~にぃ~~!!!

 

 

 

 

 

 

 

(# ゚Д゚) やっちまったな!!!

 

 

 

 

 

 

 

男は黙って…

 

 

 

 

 

 

 

って、黙ってられん!!!

 

ヽ(`Д´#)ノ

 

 

 

 

 

 

マジですか…(*_*;

 

 

 

遅刻してしまうがな…

 

(*_*;(*_*;(*_*;

 

 

 

今日は、オレにとってメチャ大事な日なんですけど…

 

(*_*;(*_*;(*_*;(*_*;(*_*;

 

 

 

 

こういう時ってさ…

 

 

 

絶対に、こんなふうになるよね…

 

(-_-;)

 

 

 

 

 

何でだか知ってる…?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(# ゚Д゚) オレだからだぁーー!!!!

 

 

 

 

 

 

来たよ来たよ

 

また来たよ...

 

オチのある我が人生...

 

必ず最後にオチが来んねん!!

 

 

 

 

 

 

 

ドゥットゥ!!

 

 

 

 

 

 

 

さて。1時間後…

 

ようやく、サイがやってきた…

 

 

 

オレは、先輩に少し遅れます!と電話して

急いで家に帰った!!

 

ε=┌(;*´Д`)ノ 急げ~!!

 

 

 

仕事着のままでは、ダメだし…

 

シャワー浴びてキレイにならないと…

 

 

ε=┌(;*´Д`)ノ 急げ~!!

 

 

 

 

 

ようやく身支度を終えたオレは、30分遅刻して居酒屋へ着いた…

 

 

 

 

 

『スイマセ~ン…遅くなりましたぁ…』

 

(;´∀`)…

 

 

 

 

そこには、先輩夫婦と…

 

 

 

 

 

なんと…

 

 

 

 

 

 

なんと!!!

 

 

 

 

 

あら~~~ん♡ステキ♡

 

(人´∀`).☆.。.:*・゚

 

 

 

 

それはそれは素敵なお姉さんがいた♡

 

(♥ω♥)

 

 

 

 

彼女の名前は、リコさん♡

 

 

オレより2つ年上の、おしとやかなお姉さんだった♡

 

 

 

リコさんは、先輩の奥さんと同じ会社である。

 

デパートの店員さんだ!

(*´∀`*)♪

 

 

 

 

デパートには…

 

実は…

 

裏話しがある…

 

 

 

見た目重視の接客業なので…

 

 

お客さんの出入りが多い、1階のフロアには…

思いっきりキレイな女性を配置するらしい…

 

 

 

2階→3階→4階→5階…

 

 

 

と、上に上がるにつれて…

 

 

 

だんだんと…

 

 

 

 

見た目が普通の女性になっていく…

 

 

 

 

 

デパ地下となると…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オレの口からは言えません…

 

m(__)m

 

 

 

 

 

って言う話しらしい…

 

 

以前、オレの先輩が働いていて、そう言っていたから間違いないだろう…

 

 

 

 

リコさんは、思いっきり1階の正面フロアーに配置されて働いているらしい♡

 

 

 

こんなキレイな人…

 

 

なんで彼氏がいないの???

 

 

って、まず先に思う…

 

 

 

 

 

 

さて…

 

色々と話をして、ミュージシャンの誰が好き?って話題になった…

 

 

リコさんは、【ゆず】の大ファンらしく…

 

CDアルバム全種持っていて、ライブとかも行くらしい…

 

 

 

 

へ~

 

 

 

【ゆず】ね…

 

 

 

 

知ってるけど、CD買ったことない…

 

(*_*;

 

 

 

話題に、ついていけるか…

 

(*_*;(*_*;(*_*;

 

 

 

 

その不安か的中し…

 

 

 

【ゆず】の誰が好き?って話しになり…

 

 

 

矛先がオレに…

 

(*_*;(*_*;(*_*;

 

 

 

 

 

 

ゆず…

 

 

 

 

 

ゆず…

 

 

 

 

 

 

ってか、知んね~し…

 

(´ε`;)

 

 

 

 

【ゆず】って何人だっけか…???

 

 

 

 

ま…

 

 

 

こういうユニットって…

 

 

だいたい3人とか、5人だから…

 

 

 

 

 

『真ん中の人』って言うのが無難だな…

 

(-ω☆)キラリ

 

 

 

 

オレは言った…

 

『名前、よくわかんないけど…

 

 真ん中の人が好きですね♪』

 

 

 

 

 

 

 

 

……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シ~ン…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ゆず】は…

 

 2人組だった…

 

 

 

 _| ̄|○ il||li

 

(減点30)

 

 

 

 

 

 

なんとか【ゆずの危機】から逃れ…

 

 

 

 

宴もたけなわ…

 

 

 

 

無事に、お見合いのような合コンは終了した…

 

 

 

 

オレは、リコさんと携帯番号と、メアドを交換し…

 

 

 

 

 

後は…

 

 

頑張ってリコさんのハートをつかむぞ!!

 

 

(# ゚Д゚)うぉぉぉぉ!!!!

 

 

と燃えていた…

 

 

 

 

 

帰りにCDショップへ寄り…

 

とりあえず、リコさんの好きな

【ゆず】のアルバムを買って、歌を覚えようと思った…

 

 

そのうち…

 

 

ギターなんか弾き語りして…

 

 

ゆずの曲を歌えるようにしたほうがいいかな…

 

(・∀・;)

 

 

 

オレは、ゆずのアルバムを探した…

 

なんか…たくさんあったのだが…

 

有名な曲がたくさん入ってるやつを選んだ…

 

 

 

 

 

あ…

 

 

 

 

 

あと…これも買っていこうっと…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【 X JAPAN 】のベストアルバム…

 

 

 

 

 

 

 

これは、オレが好きなんだが…

 

 

 

この2つのCD…

 

 

 

 

えらくジャンルが違うな…

 

(-∀-`; )

 

 

 

草食系と、肉食系だな…

 

 

 

 

 

 

オレは、肉食系!!

 

Ψ(`∀´)Ψ ドウダ!!!!!

 

 

 

 

 

家に帰ってから、さっそく…

 

ゆずのアルバムを再生してみた…

 

 

 

 

 

 

あれ… (-ω- ?)

 

 

 

 

 

 

あれれ… (-ω- ?)

 

 

 

 

 

 

音が聞こえない…

 

 

 

 

 

ボリュームは、普通のレベルなんだけど…

 

 

 

 

 

ボリュームをデカくしてみた…

 

 

 

 

 

 

 

すると…

 

 

 

 

 

 

 

わーーーー!!!!!!!

 

 

わーーーー!!!!!!!!

 

 

わーーーー!!!!!!!!

 

 

 

 

 

『みんなーー!!

 

今日はありがとぅーーー!!』

 

 

 

『じゃ!!張り切って行こーう!!』

 

 

 

 

ジャンジャン♪

 

ジャジャジャジャン♪

 

ジャンジャン♪

 

ジャジャジャジャン♪

 

 

 

駐車場のネコは~

 

アクビを~しな~がら~

 

おおおおぅいぇぇぇ♪

 

 

 

 

 

 

…コテン↻↻↻↻↻

 

 

 

 

オレが買ってきた…このアルバムは…

 

 

 

 

 

なんと…

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと…

 

 

 

 

 

 

 

 

ライブの収録版でした…↻↻↻↻↻

 

 

歌、覚えたいからさ…

 

オリジナルが欲しかったのよ…(泣)

 

_| ̄|○ il||li

 

 

 

ライブ版じゃ…

 

 

ボリューム小さいし…

 

 

デカくしたら

 

 

 

わーーー!!!!! 

 

わーーー!!!!!!

 

 

 

うるせぇし…

 

 

 

 

 

失敗だ…

 

 

_| ̄|○ il||li 

あぅぁぅぁぁぁぁぁ

 

 

 

 

 

とりあえず…

 

このライブ版のCDをしばらく聞くことにした…

 

(*_*;

 

 

 

 

 

さて。

 

次の日、先輩と電話していて聞いたんだが…

 

昨日の、リコさんがオレに対する印象は…

 

 

 

 

 

『可愛らしい人ですね♡』

 

 

 

 

 

と、宴会後に先輩の奥さんに言っていたらしい…

 

 

 

 

 

 

 

(# ゚Д゚) よっしゃーー!!

 

 

 

 

 

 

(# ゚Д゚) いいカンジだーー!!

 

 

 

 

 

 

 

オレは、マメな性格なんで、1日に2回

リコさんにメールしていた…

 

 

 

朝…

『おはようございます(^^)

今日も1日頑張ってくださいね♪』

 

 

 

とか…

 

 

夜…

『こんばんは♪

今日も1日お疲れ様でした♪』

 

 

 

など、大した用ではないが、マメにメールを送った…

 

 

 

 

 

しかし…

 

 

リコさんから、あまり返事が帰って来なかった…

 

 

 

 

デパートで仕事だし、きっと忙しいんだろうな…

 

(*_*;

 

 

 

 

ある日…

 

リコさんにメールしたら、返事が返ってきた♡

 

オレは、リコさんと少し話しがしたかったので、すぐに電話かけた♪

 

 

(*´∀`*) リコさ~ん♡

 

 

 

 

 

プルルル…

 

 

 

 

 

 

プルルル…

 

 

 

 

 

 

プルルル…

 

 

 

 

 

 

 

プルルル…

 

 

 

 

 

 

 

プルルル…

 

 

 

 

 

 

 

 

あれ???

 

出ないんですけど…

 

(・∀・;)

 

 

 

 

 

ねぇ…

 

あなたさっき、オレにメールくれたよね?

 

ほんの10秒前くらいに…

 

 

 

 

 

 

 

ねぇ…

 

あなた、絶対に電話の目の前にいるよね…

 

 

 

 

 

 

 

ねぇ…

 

あなた、オレからの着信に気が付いてるよね…

 

 

 

 

 

 

ねぇ…

 

あなたの携帯の画面に、オレの名前がでてますよね…

 

 

 

 

 

 

 

 

ねぇ…

 

あなた…絶対に、そこにいますよね??

 

 

 

 

 

 

 

ねぇ…

 

 

 

 

 

 

 

ねぇ…

 

 

 

 

 

 

 

 

ねぇ…

 

_| ̄|○ il||li

 

 

 

 

 

折り返しの電話は…

 

掛かってこなかった…

 

 

_| ̄|○ il||li

 

 

 

 

 

後から先輩に聞いた話し…

 

先輩の奥さんが、仕事中にリコさんと

オレの会話をしていたら…

 

 

 

 

 

 

マメにメール来るのが、ウザイらしい…

 

 

 

 

 

さらに…

 

 

 

 

初めて会った宴会の日に、オレの車…

 

スカイラインを見たら…

 

 

『ああいう車…好きじゃない…』

 

 

 

って言ってたらしい…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

へ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言ってくれるじゃね~かよ…

 

(-_-)

 

 

 

 

 

 

なんだい!!

 

あんただって、変ちくりんなワゴン乗ってるクセに…

 

 

 

 

オレの好きな車を否定するのか…

 

 

 

 

つまり…

 

 

 

 

オレの価値観を否定するのか…

 

 

 

 

オレは…

 

 

 

 

あんたの好きな【ゆず】を一生懸命覚えようとした…

 

 

 

 

オレは、人の価値観を絶対に否定しない…

 

 

 

 

以前、2年間付き合った彼女と別れたのも

オレの価値観を認めてくれないってのが原因の1つだった…

 

 

 

 

本当に、好きな人なら…

 

 

 

 

 

相手の事を全て…

 

 

 

 

全部ひっくるめて好きになるんだろう?

 

 

 

 

 

相手の価値観を認めようとしない人なんて…

 

 

 

 

 

 

こっちからゴメンだな…

 

 

 

 

 

 

さらに…

 

リコさんについて聞いた話し…

 

 

 

 

彼女は、自分の時間を大事にしたい人…

 

あまり干渉されたくないらしい…

 

1人で旅行したり…

 

ゆずのライブ行ったり…

 

 

 

 

自分1人の、時間を楽しむのが好きらしい…

 

 

 

 

 

 

だったらさ…

 

 

 

 

彼氏なんて…

 

紹介してもらう必要ねぇんじゃねぇの?

 

 

 

 

 

なんなんだよ…

 

 

 

 

 

オレは、真剣に前に向いていたのに…

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに、先輩から聞いた話し…

 

 

あれから10年近く…

 

 

 

彼女は…

 

 

 

 

独身貴族を楽しんでいたようである…

 

 

 

 

 

 

 

オレが最後にリコさんにメールした内容は

 

『たくさんメールしてしまい...すいませんでした。もうメールしませんので。さようなら。』

 

最後の抵抗だった...

 

 

もちろん彼女からの返信はなかった...

 

 

 

 

 

 

 

あれ以来ずっと…

 

オレは、ゆずの曲を聞くことはなかった…

 

 

 

 

 

音楽番組で、ゆずが登場したら…

 

 

 

 

 

 

チャンネル変えた…

 

 

 

 

 

 

 

思い出したくもねぇ…

 

 

 

 

 

 

 

一生懸命頑張って…

 

 

 

 

 

 

 

 

空回りしていたオレを…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クソがぁ…(-_-;)

 

 

 

 

 

 

 

 

男は黙って…

 

 

 

 

【 X JAPAN 】だ!!

 

Ψ(`∀´)Ψ ドウダ!!!!!

 

 

 

 

to be continued…

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦

 

 

 

【次回予告】

 

~ 続・女の気配~

 

 

続くときは…続くもんで…

 

また、オレに縁談の話しが

 

一度に、2人も…

 

 

 

そして…

 

 

 

もう1人...

 

あの子が現れる…

 

 

 

なんと!3人の三つ巴の闘い…

 

(;´Д`)ハァハァ

 

 

 

☆次回は2月4日にアップします☆

 

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦

 

 

今回も読んで頂きありがとうございましたm(__)m

 

【ゆず】のファンの方々…

 

失礼しましたm(__)m

 

悪気はありません…m(__)m

 

ちなみに【ゆず】で好きな曲は【飛べない鳥】です

(*‘∀‘)

 

 

また次回お楽しみに!!


episode47

 

【オレ物語・本丸・第17章】

 

~ 続・女の気配... 三つ巴の闘い ~

 

 

 

♦【これまでのあらすじ】♦

  

時は2,000年初期の就職氷河期。オレたちの世代は、ロストジェネレーションと言われていた。

大学4年生の夏の頃にオレがバイトしているガソリンスタンドの会社が倒産し、【ガイアックス】と言う、ガソリンに代わるアルコール系の次世代自動車燃料の販売店の会社に変わったのだった。

 

なかなか就職の内定がもらえないオレは、このガイアックスに非常に興味を持ったので、バイトの流れで社員になる事に決めたのだった。

 

潰れたガソリンスタンドをリニューアルして新店舗を作ることになり、大学卒業後すぐにオレは、新店舗の副店長として移動することになったのだが…

 

ここは...呪われた死んだ土地だったのだ...

 

人手不足が続き、オレは約5ヶ月休みなしの開店から閉店まで働かせられる日々だった…

 

精神的・肉体的にも追い詰められてしまい…

 

『もう死んでもいい…』

 

と思ってしまう程だった…

 

しかし、ちょっとしたきっかけで自分で種を撒いて育てた

 

【日々草】の力強い姿を見て、オレは、生きる力をもらったのだった…

 

ようやく落ち着いたと思いきや…

 

社内では、大!人事異動が行われ、オレは新店舗の石岡店の店長に任命されたのだ。

 

オレは、以前いた【死んだ土地】と言われた店にいた時のトラウマがあり…

 

従業員募集に関して、ものすごく不安があったのだが…

 

募集をかけてから、奇跡と言わんばかりに一発で必要な人数が揃ってしまったのだ!!

 

オレの心配など必要なく、無事に石岡店がオープンし、まぁいろいろと細かいことはあったが、スタッフたちもすぐに仕事を覚えて軌道に乗れた。

 

そんな中…オレの姉が、めでたく結婚した…

 

オレは、姉の幸せを願うばかりであったが…

 

今度は、オレに…

 

女の気配が近づいて来たのだった…

 

 

会社の先輩の奥さんから、奥さんと同じ職場で働いている、それはそれはステキでキレイな年上のお姉さんを紹介してもらった!

 

オレは、お姉さんのハートをつかもうと頑張ったのだが…

 

お姉さんは、自分1人の時間を優先にする人で、相手の価値観も認めようともしない人だった…

 

相手にすらしてもらえなかった…

 

 

彼氏という存在に何を求めていたのか…

 

 

 

 

が…

 

続くときは、続くもんで…

 

また、オレに縁談の話しが転がってきたのだった…

 

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

【石岡店・登場人物の紹介】

 

●オレ

23歳にして、会社内で最年少店長になる。

心の支えになる彼女を求めているが…彼女ができない強力な呪いに掛かり苦しんでいる…

 

●さかもっちゃん

21歳フリーター。VIPカーに乗った…

物静かで、素朴なヤンキー???

 

●かわちゃん

21歳フリーター。いかにもスタンドでバイトしてそうな、ややポッチャリの姉ちゃん

 

●保田

19歳大学生。しっかりとした頼りがいのある奴。オレの右腕になる存在。

 

●サイとタケ

2人とも19歳の専門学校生。友人同士。サイは真面目だが…タケは、ローライダーと言われる車に乗った…ヒップホッパー

 

●さおりっち

石岡店、唯一の女子高生。コギャルパワー全開の元気な子。父親は警察だが…娘は夜遊びで補導されるという強者…

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

episode47

 

【オレ物語・本丸・第17章】

 

~ 続・女の気配...三つ巴の闘い ~

 

 

 

 

せっかく、先輩夫婦に紹介してもらったキレイなお姉さんだったが、自分1人の時間を大切にする人で、メールも電話も嫌…

 

さらに、相手の価値観も認めようとしない人…

 

何の為に紹介してもらったのか…

 

彼女は、彼氏に何を求めているのか分からず…

 

オレは、あのお姉さんから手を引いた…

 

 

 

 

しかし…

 

続くときは、続くもので…

 

またオレに、縁談の話しが転がり込んできたのだった…

 

 

 

 

ある日…

 

オレの携帯に電話が…

 

 

 

なんと…

 

 

 

こりゃ懐かしい…

 

 

 

大学時代の女の子の友達からだった!

 

 

 

彼女の名前は、ミナちゃん。

 

ミナちゃんは、大学時代の頃から親しかった友達である…

 

メチャカワイイってワケじゃないんだが…

 

 

 

でも、なぜか…

 

 

 

ミナちゃんはモテた…

 

 

 

 

 

メチャ…モテた…

(*_*;

 

 

 

 

 

オレも

 

 

一時期…ミナちゃんに魅かれてしまった時があったのだ…

 

 

 

なんかね…

 

 

 

ミナちゃんは、上手いんだよね…

 

 

 

男心をくすぐるのが…

(*_*;

 

 

 

お目目パチパチしなから、顔を近づけて話してくるから…

 

 

 

 

 

 

 

 

バカな男は…

 

勘違いするのよ…

 

(-_-;)

 

 

 

 

 

 

 

大学2年になった時に、ミナちゃんがイギリスへ1年間留学する事になった…

 

ミナちゃんに恋をしてしまったオレは…

 

 

1年間、彼女の帰りを待つために頑張った…

 

 

彼女の留学先のイギリスの大学の寮に何度も手紙を送った…

 

 

調子に乗って…

 

 

英語で書いてみたりした…

 

 

 

 

 

 

途中から…

 

やっぱり日本語にした…↻↻↻

 

 

 

 

しかし…

 

 

 

オレの友達で、やはりミナちゃんと仲が良いヤツがいたんだが…

 

 

 

そいつは、ミナちゃんと電話したらしく…

 

 

 

ミナちゃんから、こんな話しを聞いたらしい…

 

 

 

 

イギリスの男の人って…

 

どうなんだろう…

 

 

 

 

 

とりあえず…

 

 

 

 

 

 

2人ほど…

 

夜のお供に…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダウンだ…

 

 

バタッ

 

 

 

 

ミナちゃんの帰りを待とうとしていたオレがバカだった…

 

 

_| ̄|○ あぅぁぅぁ(泣)

 

 

 

 

 

女の子ってのは...

 

お花畑にいる清楚可憐で純粋な人だと昔から思っていた...

 

 

 

 

 

 

しかし...

 

お花畑は、オレの方だった...

 

 

 

 

 

 

お花畑の人間ほど、現実に傷つけられて...

 

ボロボロになっていくのだ...

 

 

 

 

 

 

 

さて…

 

ミナちゃんからの電話の要件…

 

 

なんでも…

 

 

ミナちゃんの会社の先輩が、大学時代のオレの写真を見たらしく…

 

 

 

 

オレに…

 

 

 

 

恋をしてしまったんだと!!

 

ド━゚(∀)゚━ン♡

 

 

 

 

で…

 

 

友達になってくれないかと…

 

 

 

 

 

 

 

なんと…

 

 

 

 

今までとは逆に…

 

 

 

オレに、好意を持ってきた女性が現れた!

 

ヽ(〃v〃)ノ ワ~イ♡

 

 

 

 

とりあえず…

 

その人に、オレの電話番号とメアドを教えていいよ♪

 

 

と伝えた

 

(σ`゚∀´)σォゥィェ♪

 

 

 

 

 

 

 

その日の夜…

 

 

オレの携帯に着信が…

 

 

知らない番号だったので…もしやと思ったら…

 

 

 

 

 

ビンゴ!!

 

∩(´∀`)∩♪

 

 

 

 

 

ミナちゃんの会社の先輩からだった!!

 

 

 

 

しかし…

 

 

 

 

メールじゃなくて、いきなり電話してくるなんて…

 

 

 

かなりの強者ですね…

 

(・∀・;)

 

 

 

 

オレは…

 

『あ…。どうも…。はじめまして…。』

 

(・∀・;)

 

 

 

 

ってカンジで話しをした…

 

 

 

彼女の名前は、ユリさんと言うらしい…

 

 

オレより3つ年上のようだ…

 

 

 

会ったこともない人と電話で話すのは初めてなんだが…

 

だんだんと慣れてきた…

 

 

 

 

で…

 

 

 

ユリさんは、どこに住んでるの?

 

と聞くと…

 

 

 

 

 

なんと…

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長野県…↻↻↻

 

 

 

 

日本地図で見れば、オレんちから15センチくらいの距離なんだが…

 

 

 

車で行ったら…

 

 

 

 

 

6時間かかるだろう…

 

(*_*;

 

 

 

 

 

 

 

遠い…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遠いですよ…

 

 

_| ̄|○ il||li

 

 

 

 

 

 

 

 

『そんなにスピード出してどこへ行く?

   

日本は狭いんだぜ!Ψ(`∀´)Ψ』

 

 

って、言った奴…

 

 

 

 

 

 

ぶっ飛ばしてやる…

 

(ノ`Д´)ノ キィィィ

 

 

 

 

 

 

 

 

あのな…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本は広いんだよ…

 

_| ̄|○ …トホホ

 

 

 

 

 

 

 

オレは、今すぐにでも心の支えになる彼女を求めているのに…

 

 

 

 

 

 

ユリさん…

 

 

 

 

 

 

遠いよ…

 

_| ̄|○ (泣)

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず…

 

【お友達】から…

 

(ノд`;)

 

 

 

 

 

 

 

そんな中…ある日の事。

 

オレの携帯にメールが…

 

 

『お久しぶりです!

 

あの…もし良かったら…

 

一緒に映画見に行きませんか?』

 

 

 

 

なんと…

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと!!

 

 

 

 

このメールの送り主は…

 

 

ミエちゃんだった!!!

 

 

ミエちゃんは、オレが19歳の時に、友人の武藤君の主催の飲み会で知り合った子である…

 

当時、彼女がいたオレは、ミエちゃんとは

ただの友人の関係だった…

 

 

が…

 

 

オレが彼女と別れてから、ずっと彼氏のいないミエちゃんと、何度か遊ぶようになり…

 

次第に、オレはミエちゃんのことが好きになっていった…

 

ミエちゃんに、思い切って

 

『オレの彼女になってくれないかな?』

 

と告白したのだが…

 

 

 

 

 

『嬉しいんだけど…ごめんなさい…

 

私、どうしても忘れられない人がいるの…』

 

 

と、断られてしまった…

 

 

 

 

しかし…

 

 

 

それでも、オレとミエちゃんは、友達の関係

が続き…

 

 

彼氏・彼女の関係でもないのに…

 

 

手を繋いだ事もないのに…

 

 

クリスマスに2人で出掛けたり…

 

 

不思議な関係だった…

 

 

 

一度、断られてからしばらくして…

 

またオレは、ミエちゃんに告白したのだが…

 

 

 

『ごめんなさい…

 

私、どうしても忘れられない人がいるの…』

 

 

 

と、2回目も断られてしまい…

 

 

 

オレは、ミエちゃんと、しばらく距離をおく事にしたのだった…

 

 

 

 

数ヶ月経った今…

 

『映画見に行きませんか?』

 

って、ミエちゃんからメールが来て…

 

驚きを隠せなかった…

 

 

 

 

忘れられない人への気持ちの整理がついたのかな…

 

 

 

 

オレは、ミエちゃんに何も聞かずに…

 

 

 

『いいよ!休みが合う日に一緒にいこう!』

 

 

と、返事をした…

 

 

 

 

 

数日後…

 

オレは、ミエちゃんと映画を見に行った…

 

  

ミエちゃんと一緒に映画を見るという至福な時間だったのだが…

 

 

映画の最中に、オレの携帯が鳴った…

 

 

 

 

オレの店からだった…

(*_*;

 

 

 

何かあったのか???

(;´Д`)

 

 

 

と思い、急いでホールの外へ出て電話に出た…

 

 

 

電話してきたのは、女子校生のバイトの

さおりっちだった…

 

『店長~!あの~!!

ミスターボーンさんがぁ~、満タンって言ったのに、お会計の時に~!

1,000円分だよ。って言ったんデス~!!

( ゚皿゚)キーッ!!』

 

 

 

 

 

説明しよう。

 

 

【ミスターボーンさん】

 

石岡店の常連の外人のお客さん…

たぶん、インドネシア人あたり…

 

会員カードをレジに、ピッ♪とやると…

 

なぜか名前が…

 

 

【ミスターボーン】

 

 

と出る…↻↻↻↻

 

 

 

で…

 

いつも、ミスターボーンさんは

 

『1,000円分オネガイシマ~ス!』

 

と言う…

 

 

給油以外の要件をこちらから話しかけると…

 

 

 

『ワカラナ~イ…』

 

 

 

と言う…

 

 

 

満タンなんて、珍しい…

 

こちらの聞き間違えかぁ???

 

まぁ…いいや…

 

 

 

今ね…

 

 

 

ミエちゃんとデート中で、映画もいいトコなのよ…

(-_-;)

 

 

 

 

ミスターボーンなんて…

 

 

 

 

 

どうでもいいんスょ…

(-_-;)

 

 

 

 

オレは、さおりっちに…

 

『いいよ!めんどくせぇから、1,000円だけもらって帰ってもらって!』

 

と、伝えた…

 

 

 

 

 

(# ゚Д゚)頑張れ!!さおりっち!!

 

 

 

 

 

 

 

ミスターボーンに、映画の邪魔をされ…

 

あっという間に、ミエちゃんとのデートが終わった…

 

 

 

あ~。

 

 

至福の時間って短いのね…

(TдT)

 

 

 

 

 

オレは、ミエちゃんが忘れられない人への思いに整理がついたのか聞きたかったが…

 

 

 

やめておいた…

 

 

 

 

とりあえず、いいんだ…

 

 

 

 

今日は楽しかったから…

 

 

 

 

これでいいんだ…

 

 

 

 

 

また、明日から仕事三昧の生活が始まる…

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、その数日後…。

 

友人の武藤くんから電話があった…

 

いい加減に彼女が出来ないオレに、紹介したい人がいるって!

 

Σ(゚Д゚)マジデスカ!!!!!

 

 

 

 

で…

 

武藤くんが設定してくれた飲み会へ行った…

 

そこには、武藤くんと彼女のリエさん。

 

そして…もう一人…

 

オレに、紹介してくれる人…

 

 

 

 

なんと…

 

 

 

 

 

 

 

なんとぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

メチャカワイイじゃないですかぁー!!!!!!

 

(# ゚Д゚)キタァーーーー!!!!!!!!!!!!

 

 

 

レースクイーンみたいな、全てパーフェクトガール!!!

 

(# ゚Д゚)ホンマデッカァーーー!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

彼女の名前は、エリカちゃん

 

マジで可愛いくてビックリした…(*_*;

 

 

 

 

武藤くんが、オレの耳元で言った…

 

『あのな…エリカちゃんは、彼氏に浮気されて別れたばかりで傷ついてんだ…

だから今、支えになる人を求めてるんだよ…

だから、お前が彼氏になってやりなよ!

あ~。オレ彼女がいなかったら…絶対にエリカちゃんにアタックするんだけどなぁ~』

 

 

 

 

おぃおぃ…

 

 

 

隣にあんたの彼女のリエさんいるぜ…

 

(;´Д`)ハァハァ

 

 

 

 

 

そうか…

 

 

 

エリカちゃんは、心の支えになる人を求めてるのね…

 

 

エリカちゃんと話ししても、気が合いそうだし…

 

 

 

 

これって…

 

 

 

 

メチャ…チャンスだよな…

 

(-ω☆)キラリ

 

 

 

 

こんなに、可愛い人と付き合えるチャンスは、滅多にない…

 

 

ってか…

 

 

これで最後かも…

 

(*_*;

 

 

 

 

さらに武藤くんは、オレの耳元で言った…

 

『あのな…あらかじめ言っておくけど…

エリカちゃんはな…』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ミエちゃんのマブダチなんだよ…』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと…

 

マジですか…(*_*;

 

 

to be continued…

 

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦

 

 

【次回予告】

 

~ オレの決断…そして結末… ~

 

 

オレの前に一気に転がり込んできた縁談…

 

 

【ユリさん】

遠くに住んでいて、会ったこともないけど…オレにベタ惚れしている...

 

 

【ミエちゃん】

ずっと前からの友達で、2回告白したけど…2回とも『忘れられない人がいるの…』と断られてしまい、しばらく距離をおいたが…気持ちの整理がついたのか?またオレに急接近してきた...

 

 

【エリカちゃん】

メチャ可愛いんだが、彼氏に浮気され別れたばかり...心の支えを求めている。

話しも合うし、彼女にできるチャンスがあるが...なんと!エミちゃんのマブダチ...

 

 

 

あることがきっかけで、オレの会社に大変な事が起こる…

 

 

 

そして…

 

 

 

オレの気持ちが動く…

 

 

 

 

オレが出した答え…

 

 

 

 

そして結末…

 

 

 

次回は、超ロング編に…

 

 

☆次回は、2月11日にアップします☆

 

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦

 

 

今回も、最後まで読んで頂きありがとうございました

m(__)m

 

暖冬とはいえ、やはり冬は寒いですね...

体調に十分にお気をつけください。

 

またお会いしましょう

ヽ(´ー`)ノ

 


episode48

 

【オレ物語・本丸・第18章】

 

~ オレが出した答え…そして結末… ~

 

 

 

♦【これまでのあらすじ】♦

  

時は2,000年初期の就職氷河期。オレたちの世代は、ロストジェネレーションと言われていた。

大学4年生の夏の頃にオレがバイトしているガソリンスタンドの会社が倒産し、【ガイアックス】と言う、ガソリンに代わるアルコール系の次世代自動車燃料の販売店の会社に変わったのだった。

 

なかなか就職の内定がもらえないオレは、このガイアックスに非常に興味を持ったので、バイトの流れで社員になる事に決めたのだった。

 

潰れたガソリンスタンドをリニューアルして新店舗を作ることになり、大学卒業後すぐにオレは、新店舗の副店長として移動することになったのだが…

 

ここは...呪われた死んだ土地だったのだ...

 

人手不足が続き、オレは約5ヶ月休みなしの開店から閉店まで働かせられる日々だった…

 

精神的・肉体的にも追い詰められてしまい…

 

『もう死んでもいい…』

 

と思ってしまう程だった…

 

しかし、ちょっとしたきっかけで自分で種を撒いて育てた

 

【日々草】の力強い姿を見て、オレは、生きる力をもらったのだった…

 

ようやく落ち着いたと思いきや…

 

社内では、大!人事異動が行われ、オレは新店舗の石岡店の店長に任命されたのだ。

 

オレは、以前いた【死んだ土地】と言われた店にいた時のトラウマがあり…

 

従業員募集に関して、ものすごく不安があったのだが…

 

募集をかけてから、奇跡と言わんばかりに一発で必要な人数が揃ってしまったのだ!!

 

オレの心配など必要なく、無事に石岡店がオープンし、まぁいろいろと細かいことはあったが、スタッフたちもすぐに仕事を覚えて軌道に乗れた。

 

そんな中…オレの姉が、めでたく結婚した…

 

オレは、姉の幸せを願うばかりであったが…

 

今度は、オレに…

 

女の気配が近づいて来たのだった…

 

 会社の先輩の奥さんから、奥さんと同じ職場で働いている、それはそれはステキでキレイな年上のお姉さんを紹介してもらった!

 

オレは、お姉さんのハートをつかもうと頑張ったのだが…

 

お姉さんは、自分1人の時間を優先にする人で、相手の価値観も認めようともしない人だった…

 

相手にすらしてもらえなかった...彼氏という存在に何を求めていたのか…

 

オレはこのお姉さんから手を引いた...

 

 

が…

 

続くときは、続くもんで…

 

また、オレに縁談の話しが転がってきたのだった…

 

しかも一度に3人も!

 

 

【ユリさん】

オレの大学時代の友人からの紹介。

遠い県外に住んでいて、会ったこともないけど…

写真を見たらしく、オレにベタ惚れしている...

 

 

【ミエちゃん】

ずっと前からの友達で、2回告白したけど…2回とも『忘れられない人がいるの…』と断られてしまい、しばらく距離をおいたが…気持ちの整理がついたのか?またオレに急接近してきた...

 

 

【エリカちゃん】

友人の紹介で知り合う。メチャ可愛いんだが、彼氏に浮気され別れたばかり...心の支えを求めている。話しも合うし、彼女にできるチャンスがあるが...なんと!ミエちゃんのマブダチ...

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

【石岡店・登場人物の紹介】

 

●オレ

23歳にして、会社内で最年少店長になる。

心の支えになる彼女を求めているが…彼女ができない強力な呪いに掛かり苦しんでいる…

 

●さかもっちゃん

21歳フリーター。VIPカーに乗った…

物静かで、素朴なヤンキー???

 

●かわちゃん

21歳フリーター。いかにもスタンドでバイトしてそうな、ややポッチャリの姉ちゃん

 

●保田

19歳大学生。しっかりとした頼りがいのある奴。オレの右腕になる存在。

 

●サイとタケ

2人とも19歳の専門学校生。友人同士。サイは真面目だが…タケは、ローライダーと言われる車に乗った…ヒップホッパー

 

●さおりっち

石岡店、唯一の女子高生。コギャルパワー全開の元気な子。父親は警察だが…娘は夜遊びで補導されるという強者…

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

episode48

 

【オレ物語・本丸・第18章】

 

~ オレが出した答え…そして結末… ~

 

 

 

 

今回の話しは、とても長い話しです…

 

できれば…時間がある時に…

 

ゆっくりと読んで頂きたいです…

 

 

 

 

 

 

 

オレの前に一気に転がり込んできた縁談…

 

 

しかも、一度に3人もの女性が…

 

 

【ユリさん】

大学時代の友達の会社の先輩で、オレの写真を見て…

 一目惚れしてしまったらしい!!

 

しかし…なんと!!

 

長野県に住んでいて、そう簡単に会える距離ではなく…

まだ会ったことはないが、電話やメールなど連絡をとっていた…

 

 

 

 【ミエちゃん】

ずっと前からの友達で、2回告白したけど...2回とも『忘れられない人がいるの…』

と断られてしまい、しばらく距離をおいたが…

気持ちの整理がついたのか…?

またオレに急接近してきたミエちゃん…

 

 

 

【エリカちゃん】

友人の武藤くんに紹介してもらったエリカちゃん…

メチャ可愛いくて、すんごく彼女にしたいと思える子…

エリカちゃんは、彼氏に浮気されて別れたばかり…

傷ついているから…心の支えを求めている…

エリカちゃんとは、話しも合うし…

彼女にできるチャンスはあるのだが…

 

なんと…

 

ミエちゃんのマブダチだった…

 

 

 

 

 

ミエちゃんと、マブダチなら…

 

絶対にオレの話しが出る…

 

 

 

 

今までみたいに、ミエちゃんと中途半端な関係ではいられない…

 

 

 

友人の武藤くんは言った…

 

『なぁ!エリカちゃんを守ってやってくれよ!ホントかわいそうなんだよ…あの子…』

 

 

 

 

 

そうか…

 

 

 

 

エリカちゃんは、オレが守ってやらなくちゃいけない!!

 

 

 

エリカちゃんの心の支えになるんだ!!

 

 

 

 

 

 

さて…

 

大学の友達のナミちゃんから紹介してもらったユリさん…

 

オレは、会ったことないんだが…

 

オレの写真を見て、一目惚れしてしまったユリさん…

 

ユリさんからは、毎晩電話がかかってくる…

 

今まで、こんなに惚れられた事ないから嬉しいんだけど…

 

 

オレは、ユリさんの顔を知らない…

 

 

オレは、ユリさんに…

 

『写真送ってくれないかな?ユリさんの顔わからないし… (・∀・;) 』

 

と、言うと…

 

 

 

ユリさんは…

 

『え!?ちょっと…恥ずかしくて…』

 

 

と、どうしてもダメだって…

 

 

 

 

 

オレは…

 

 

 

 

いったい、どんな人と電話で話しをしているのか…

 

(・∀・;)

 

 

 

 

でもユリさんは、ホントにオレの為に尽くしてくれた…

 

 

 

電話でオレが…

 

『ずっと仕事三昧で疲れてるから、目の下にクマが出来てるんだよね…(*_*; 』

 

 

 

と言うと…

 

 

 

 

 

数日後…

 

 

 

 

 

 

オレに郵便物が…

(-ω- ?)

 

 

 

 

 

 

ユリさんからだ…

 

 

 

 

 

 

開けてみると…

 

 

 

 

 

 

なんと…

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと!!

 

 

 

 

 

 

 

 

コンシーラーが入っていた…↻↻↻

 

 

 

 

化粧品…(*_*;

 

目の下のクマを隠すコンシーラー…

 

 

 

 

手紙が一緒に入ってた…

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

少しでも…

 

クマが隠せれば…と思って送りました♡

 

お仕事頑張ってくださいね♡

 

 

ユリより

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

あの~。(*_*;

 

 

オレ…化粧しないんでよく分からないんですが…

 

コンシーラー、単体だけじゃダメなんじゃないですかね???

 

 

コンシーラー塗って…

 

 

その上にファンデーションじゃないんですかね???

 

 

 

コンシーラーだけ塗ると…

 

 

肌の色と明らかに違うんで…

 

 

 

 

 

どこかの村の民族みたいになるような…

 

Ψ(`∀´)Ψ ウッホ!ウッホ!

 

 

 

 

 

さらに…

 

何度か、ユリさんの地元の特産物などを送ってくれて…

 

 

 

 

 

あの~

 

 

 

 

もらいすぎですよ…

(*_*;

 

 

 

 

 

 

絵葉書とかも届いて…

 

 

その絵葉書に書いてあったのは…

 

 

 

 

 

 

 

 

【矢のように逢いたい…】

 

 

 

 

 

 

 

 

顔から火がでた…

 

(*´Д`*)↻↻↻↻↻↻

 

 

 

 

 

 

でも…

 

実際に会ったこともないし…

 

顔も知らない…

 

なんか…

 

このままでは、お互いに良くないと思う…

 

 

 

ユリさんの気持ちは嬉しいんだけど…

 

 

 

実際…

 

 

 

 

無理だよ…

 

 

 

 

キレイ事で恋愛なんて出来るとは思わない…

 

 

 

 

やっぱり…

 

近くにいて、お互いに守ってあげられないと…

 

 

 

 

オレは、友人の武藤くんに

 

『エリカちゃんを守ってやってくれ!』

 

 

と言われた…

 

 

 

 

オレも、エリカちゃんを守ってあげたい!

 

って思った…

 

 

 

 

 

 

だから…

 

 

 

 

 

 

 

ユリさん…

 

ごめんなさい…

 

 

 

 

 

 

 

 

オレは、ユリさんにメールした…

 

 

『ユリさん…ごめんなさい…

オレ…

守ってあげたい人が出来ました…

ユリさんの気持ちは嬉しかったです。

ホントに…ごめんなさい…』

 

 

 

 

ユリさんから、すぐに返事は来なかった…

 

 

 

 

たぶん…

 

 

 

 

 

泣いてるんだろう…

 

 

 

 

 

 

会社も休んじゃってるかもしれない…

 

 

 

 

 

そして…

 

オレがメールしてから、3日後に

ユリさんからメールがきた…

 

 

 

『気にしないでください。

今までホントに楽しかったです。

守ってあげたい人と…

幸せになってくださいね。』

 

 

 

 

 

 

 

ユリさん…

 

 

 

 

ホントに、ごめんなさい…

 

 

 

 

 

 

ユリさん…

 

 

 

 

どうか…

 

 

 

 

いい人と出逢って…

 

 

 

 

 

幸せになってください…

 

 

 

 

 

 

 

ユリさんに別れを告げて、数週間が経った…

 

オレは、エリカちゃんと友達の関係を続けていた…

 

飲み会以来、まだ会ってはいないが、毎日メールして仲良くしていた。

 

付き合うって言ったって、物には順序があるので…

 

近々、時間が会う時にデートに誘ったり…と、いろいろと作戦があったんだが…

 

エリカちゃんは、日曜日と祝日が仕事休みなんで、サービス業のオレとしては、ヒマな平日しか休めないんで…なかなか難しい…

(*_*;

 

 

 

 

 

 

さて。ある日…

 

 

会社の店長会議があった…

 

オレの住んでる茨城エリアには12店舗の店がある。

 

茨城エリアの店長と、本社の本部長が集まった…

 

 

本部長が話しを始めた…

 

 

『社長が人件費を減らせ!と言っている…

各店舗、人件費を使い過ぎだ!!

唯一、人件費をかなり少なく押さえてる店舗がある。どこだか分かるか?』

 

 

 

 

 

 

おぃおぃ…

 

 

 

 

 

 

なんだ?

 

 

 

 

 

 

人件費を減らせだと?

 

(-_-;)

 

 

 

 

オレの店は、人件費を抑えてるつもりなんだが…

 

 

オレだって、現場で仕事してるし…

 

 

 

店長が、楽してバイトたちに仕事させてれば、その分、人件費は膨らむが…

 

 

 

 

 

オレは、そうではない…(-_-)

 

 

 

 

 

嫌な経験があったからな…

 

 

 

 

 

オレは、バイトたちと一緒に仕事をする…

 

 

 

 

 

 

茨城エリアで、かなり人件費を抑えてる店舗だと???

 

 

 

 

 

 

あ~

 

 

 

 

 

あの店ね…

 

 

 

 

 

 

つくば店だよ…(-_-;)

 

 

 

 

 

いつも人手が足りなくて、オレも手伝いに行かされたからな…

(-_-;)

 

 

人手が足りないのは、あの店長の

 

【エロ・ウナギおやじ】が、女ばかりひいきして、男は兵隊扱い…

 

 

バイトは、すぐに辞める…

 

 

結局、店長ほとんど一人で店番やってるようなもんだ…

 

 

だから人件費がかからない…

 

 

社員は、いくら働いても給料同じ…

 

 

100%サービス残業の会社だからな…

 

 

 

 

 

 

社長からしてみれば、素晴らしい人間だ…

(-_-;)

 

 

 

 

 

 

そうそう…

 

つくば店の女社員…

 

【NHK風のお姉さん】

 

 

オレと同じ社員なのに…

 

 

 

毎週土・日・祝日休みで…

 

 

 

朝8時~夕方5時までの労働…

 

 

 

しかし…

 

あまりにも、つくば店に従業員が入らず…

 

 

バイトが入っても、すぐに辞められて…

 

 

お姉さんにも負担が掛かってきたから…

 

 

 

あのお姉さんは、辞めたらしい…

 

 

 

そりゃそうだよ…

 

 

 

小さい子どもいるのに…

 

 

 

今までの待遇が甘すぎたんだよ…

 

 

 

サービス業は、そんなに甘くない…

 

 

 

サービス業で働く人たちは皆...

 

家族や自分を犠牲にして頑張ってくれている人たちばかりなんだよ。

 

働く時間帯に融通がきかなくなったからと簡単に辞めるような人間は...

 

 

初めからサービス業などやるな。

 

 

 

 

 

 

ウナギおやじめ…自業自得だ…

(-_-)

 

 

 

実際…

 

 

人手がないから、今日の店長会議に来ていない…

 

 

 

そりゃそうだ…

 

 

 

一人で店番やってんだから…

 

 

 

 

 

社長は、数値しか見ていないので、現状を知らない…

 

 

つくば店と同じ人件費で、やれるわけないだろうが…

 

 

 

 

とりあえず…

 

 

 

 

 

 

 

シカトだな…

(-_-)

 

 

 

 

 

 

 

店長会議が終わり、他店舗の店長たちと話しをした…

 

 

 

『あんな、アホつくば店のマネなんてできないよな(笑) 無視しようぜ!』

 

 

と。

 

 

 

 

こうして人件費削減命令を、全店舗でシカトしていたら…

 

 

 

 

数日後…

 

 

 

 

本社から全店舗一斉にFAXが…

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

店長各位

 

 

前回の会議の内容が達成されていない。

 

指定の数字で人件費を抑えるように!

 

達成出来ない店舗は

 

ペナルティを与える。

 

本部長

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

なんと…

 

 

人件費削減をシカトしていたら、社長がキレたらしい…(笑)

 

 

 

 

しかし…

 

 

このままでは、ダメか…

 

 

全店舗、人件費の指定の数字が出された…

 

 

この数字の通りに、人件費を抑えるとなると、オレの店では…

 

 

 

 

 

バイトを2人…

 

切るしかない…

 

 

 

 

 

オレは、仲の良い店長たちと電話したが…

 

 

 

やはり、どの店舗でもバイトを2~3人クビにするしかないと言う…

 

 

 

 

 

なんなんだよ…

 

 

 

 

 

 

リストラかよ…

 

 

 

 

 

バイトたちは、何も悪いことはしていない…

 

 

 

 

 

クビにする理由などない…

 

 

 

 

 

でも…

 

 

 

 

 

 

従うしかない…

 

 

 

 

 

オレの店の可愛いバイトたち…

 

さかもっちゃん・かわちゃん・保田

 

サイ・タケ・さおりっち…

 

 

 

みんな、オレの店がオープンした時のメンバーだ…

 

 

 

共にスタートしてきた奴らだ…

 

 

 

 

 

誰をクビにすればいいんだ…

 

 

 

 

 

さかもっちゃんは、フリーター。

 

開店から閉店まで、どの時間帯でも働ける…

 

それに…

 

さかもっちゃんは、今までいろんな職場を転々としてきて、長続きしなかった奴だが…

 

オレの店では、辞めずに楽しそうに仕事している…

 

働く楽しさをようやく感じれた彼をクビになどできない…

 

 

 

 

 

かわちゃんもフリーターで、やはり開店から閉店まで働ける…

 

気が強いが、その強さが店には必要だ…

 

クビになどできない…

 

 

 

 

保田は、大学1年生だが…オレの右腕になれる存在。

 

大学生は休みが多いから、フリーターと同じ位に融通がきく…

 

大学は4年間あるし、まだまだ働ける…

 

クビになどできない…

 

 

 

 

さおりっちは、オレの店で唯一の女子高生。

 

しかも、1番元気がある子だ…

 

スタンドには、元気な女の子が絶対に必要…

 

高校1年生だし…

 

卒業まで、まだまだ働ける…

 

クビになんてできない…

 

 

 

 

残り2人は…

 

サイとタケだ…

 

2人は、友人同士で同じ専門学校へ通っている…

 

彼らは、年が明ければ専門学校を卒業し、就職する。

 

就職活動も順調にいってるみたいで、内定ももらえそうらしい…

 

 

 

と…

 

なると…

 

 

 

 

 

 

 

 

この2人なのか…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いろいろと考えた末に…

 

 

オレは、サイとタケに店を辞めてもらうしかないと思った…

 

 

 

 

しかし…

 

 

 

なかなか、その話しが切り出せなかった…

 

 

 

 

彼らは、何も悪い事はしていない…

 

 

 

むしろ、真面目に働いてくれている…

 

 

 

クビにする理由などないのだ…

 

 

 

 

 

会社の都合だけだ…

 

 

 

 

 

オレは、他店舗の先輩店長たちに電話した…

 

 

先輩たちも、自分の店のバイトを泣く泣く

切ったらしい…

 

 

 

 

 

オレも…

 

そうするしかないか…

 

 

 

 

 

 

オレは、思い切って…

 

サイとタケを事務所へ呼んだ…

 

 

 

彼らに全てを話し…

 

『決してお前たちが悪いんではない!』

 

と、伝えた…

 

 

 

 

 

すると…2人は…

 

 

『そんなの気にしないでください!

店長は、何も悪くないです!!

バイト楽しかったですよ!

また遊びに来ます!!』

 

 

と、言い…

 

 

 

 

オレの肩を、ポンっと叩いてくれた…

 

 

 

 

 

 

逆に…

 

 

 

こいつらに励まされてしまった…

 

 

 

 

 

サイ…タケ…

 

 

 

 

 

ホントに…すまない…

 

 

 

 

今まで、ホントにありがとう…

 

 

 

 

 

店を閉店して時間は、夜の9時半を回った…

 

 

 

 

つらかった…

 

 

 

 

オレは、まだ立ち直れず…

 

 

 

 

1人で、事務所の机にうずくまっていた…

 

 

 

 

体が動かない...

 

 

 

 

どうしていいか分からない...

 

 

 

 

 

エリカちゃんに…

 

話してみようかな…

 

 

 

 

 

オレは、エリカちゃんに電話してみた…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エリカちゃんが電話にでた…

 

 

 

なんか…眠そうな声…

 

 

 

寝ちゃってたのかな…

 

 

 

 

オレは、エリカちゃんにバイトを2人クビした事を告げた…

 

 

 

つらくて…

 

 

 

ホントにつらくて仕方ないって…

 

 

 

 

すると、エリカちゃんは…

 

 

 

 

 

『う~ん…。でも、しょうがないんじゃない?』

 

 

 

と…

 

 

以外に、あっさりしていた…

 

 

 

 

 

 

 

そりゃ…

 

 

そうなんだけど…

 

 

 

 

 

エリカちゃん…寝ちゃってたのかな…

 

 

 

 

なんか…悪かったな…

 

 

 

 

 

 

 

 

電話…

 

 

 

しなきゃよかった…

 

 

 

 

 

 

 

オレは、エリカちゃんとの電話を切り…

 

 

 

 

またしばらく…

 

事務所の机にうずくまっていた…

 

 

 

 

時間は、夜の11時半を回ったろうか…

 

 

 

 

いつまでも店にいても仕方ないな…

 

 

 

 

そろそろ帰らなくちゃ…

 

 

 

 

 

 

その時…

 

 

 

 

 

オレの携帯にメールが…

 

 

 

 

ミエちゃんからだった…

 

 

『夜中にメールしてごめんなさい。寝ちゃってますよね?…この前は、映画一緒に行ってくれてありがとうございました!楽しかったです♪』

 

 

 

 

オレは、ミエちゃんに返事を返した…

 

『こちらこそ、楽しかったよ!ありがとう!まだ職場にいるんだ…ちょっと、いろいろあってね...』

 

 

 

 

ミエちゃんに返事を返して、帰ろうと思った時…

 

 

 

 

 

あまり電話をしてこないミエちゃんから電話が…

 

 

『どうしたの?』

 

 

って…

 

 

 

 

オレは、ミエちゃんに全てを話した…

 

 

 

 

すると…ミエちゃんは…

 

 

 

 

『そうなんだ…

すごくつらいよね…』

 

 

って…

 

 

 

ミエちゃんは、昔からオレを知っている…

 

 

 

普段からアホな笑い話ししかしないオレだから…

 

 

 

ものすごく心配してくれた…

 

 

 

でも、オレは…

 

『ありがとう!もう大丈夫だよ!

バイトたちにも励まされちゃったしね。

それに…

なんか電話で話して、少し気が楽になったかな…

ありがとう!』

 

 

 

そう言って電話を切った…

 

 

 

 

 

 

 

ありがと…

 

 

 

 

 

 

 

ミエちゃん…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイとタケにバイトをやめてもらってから、1ヶ月位過ぎたろうか…

 

 

オレは、まだエリカちゃんと仕事の休みが合わず、デートすらできなかった…

 

 

エリカちゃんを守ってあげたいって思って、ユリさんに別れを告げたのに…

 

 

 

あんまり進展していなかった…

 

 

 

 

 

 

 

季節は冬に入ろうとしていた…

 

 

当時…【獅子座流星群】が見れると話題になっていた…

 

 

オレは、エリカちゃんに休みが合わなくても

夜だけ一緒に出掛けて、獅子座流星群を

見に行きたいね!って話していた…

 

 

 

夜だけでも…

 

 

 

でも、なかなか予定が合わなかった…

 

 

 

 

 

 

そんなある日…

 

 

いつも通りに仕事を終えて、時間は夜の9時半を回った…

 

 

 

オレの携帯にメールがきた…

 

 

『こんばんわ♪今日は、私のアパートで友達たちと、パーティーやってました♪

さっき終わったとこです…』

 

 

 

 

『みんな…

 帰っちゃった…』

 

 

 

 

 

 

このメールの送り主は…

 

 

 

 

 

ミエちゃんからだった…

 

 

 

 

そう言えばこの前、女友達とミエちゃんのアパートで、パーティやるって言ってたっけな…

 

 

 

 

今日だったのか…

 

 

 

 

 

 

『みんな…

 帰っちゃった…』

 

って…

 

 

 

 

 

 

なに…?寂しいの…?

 

 

 

 

 

 

なんか…

 

 

 

 

 

 

オレに会いたいって聞こえるんだけど…

 

 

 

 

 

オレは、ミエちゃんにメールした…

 

 

 

『今から、そっち行こうか?

あ…でも。今、仕事終わったばかりだから…

そっちに着くの11時位になっちゃうけど…

でも、明日仕事でしょ?

遅いから…やめよか... 』

 

 

 

 

すると…

 

 

 

 

『大丈夫です!待ってます!!』

 

 

 

って…

 

 

 

 

 

オレは、急いで店を閉めて

ミエちゃんのアパートへ車を飛ばした…

 

 

 

 

 

 

 

待てよ…

 

 

 

 

 

 

どうしたんだ…?

 

オレ…

 

 

 

 

 

 

 

オレは、エリカちゃんを守りたいって思ってたはず…

 

 

 

 

 

なぜミエちゃんの所へ向う…?

 

 

 

 

 

ミエちゃんと、エリカちゃんは…

 

マブダチだ…

 

 

 

 

 

今日のミエちゃんちのパーティーに…

 

 

 

 

 

エリカちゃんがいたかも知れない…

 

 

 

 

 

その後に、オレがミエちゃんちに行くだなんて…

 

 

 

 

 

 

おかしい…

 

 

 

 

 

 

 

そうか…

 

 

 

 

 

 

そうなんだ!!

 

 

 

 

 

 

オレが本当に好きな人は…

 

 

 

 

 

 

 

 

ミエちゃんだ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エリカちゃん…

 

 

 

 

 

 

ごめん…

 

 

 

 

 

 

オレは、エリカちゃんを守ってあげられない…

 

 

 

 

 

 

 

 

オレは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミエちゃんを選びます…

 

 

 

 

 

 

 

 

車を飛ばすこと1時間…

 

ミエちゃんのアパートに着いた…

 

 

時間も夜11時なんで、特に何もすることがなかったから、オレはミエちゃんを車に乗せてドライブする事にした…

 

 

海が近かったので、海へ行った…

 

 

 

駐車場に車を停めて、夜の砂浜をミエちゃんと歩いていた…

 

 

 

 

 

 

そう言えば…

 

獅子座流星群の見れる季節だな…

 

 

 

 

 

 

すると…

 

 

 

 

 

 

目の前に、キラッと光が…

 

 

 

 

 

流れ星だ!!!

 

 

 

 

 

しかも、かなり大きい!!

 

 

 

 

 

 

大きいから、流れている時間も長かった!

 

 

 

 

 

 

そして…

 

流れ星は、北の空へと消えていった…

 

 

 

 

 

今まで、あんなに大きな流れ星は見たことがなかった…

 

次の日のニュースで取り上げられる程の大きな流れ星だったのだ…

 

 

 

 

偶然とは言え…

 

 

 

 

 

ミエちゃんと一緒に…

 

あの流れ星を見れるなんて…

 

 

 

 

 

 

なんか…

 

 

 

 

 

 

 

運命的なものを感じた…

 

 

 

 

 

 

 

 

次の日…

 

オレは、友人の武藤君に電話した…

 

 

 

 

ごめん…

 

オレが本当に好きな人は、ミエちゃんだ…

 

だから…

 

エリカちゃんを守ることができない…

 

 

 

 

と…

 

 

武藤君は

 

『わかった。仕方ないよな…エリカちゃんには、オレから伝えておくよ。別な人を紹介してやりたいから。』

 

 

 

 

 

 

オレ『すまない…』

 

 

 

 

 

 

武藤君から、断ってもらって…

 

オレが何も言わないのも変だから…

 

オレは、エリカちゃんにきちんと伝えようと思い、メールした…

 

 

 

 

『エリカちゃん...ごめんね。オレ、以前から好きな人がいて...やっぱりね...その人を好きみたいなんだ...ごめんね…』

 

 

 

 

 

 

 

エリカちゃんから返事が来ることはなかった…

 

 

 

 

エリカちゃんは、彼氏に浮気されて傷ついていた人…

 

 

 

 

 

なんか…

 

 

 

 

 

オレも…

 

同じ事をエリカちゃんにしてしまった…

 

 

 

 

 

 

飲み会以来、会ってないけど…

 

 

 

 

 

 

付き合ってるわけでもないけど…

 

 

 

 

 

 

電話したり…メールしたり…

 

 

 

 

 

 

 

同じ事だ…

 

 

 

 

 

 

 

またエリカちゃんを傷つけてしまった…

 

 

 

 

 

 

 

最低だよね…

 

 

 

 

 

 

ごめんね…

エリカちゃん…

 

 

 

 

 

 

オレは…

 

 

ユリさん…

 

エリカちゃん…

 

 

2人を傷つけてしまった…

 

 

 

 

 

 

オレが出した答えは…

 

 

 

 

 

 

ミエちゃんが好きだと言う事…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12月になった…

 

またクリスマスのシーズンとなった…

 

去年のクリスマスも、彼女がいなかったオレは、何も予定なく終わるかと思ったのだが…

 

 

 

ミエちゃんと一緒に、クリスマスにデートをすることができた。

 

 

彼氏・彼女の関係じゃなかったけど…

 

 

 

 

でも…

 

今年のクリスマスは…

 

1人で終わりそうかな…

 

 

 

オレは、ダメ元で…

 

ミエちゃんにメールしてみた…

 

 

 

 

『今年のクリスマスも…よかったら一緒に出掛けない?』

 

 

 

 

すると…

 

 

 

 

 

『行きたいです!休み合わせますね!』

 

 

 

 

と、OKしてくれたのだった!!

 

 

 

 

ミエちゃんは、仕事が平日休みなんで

オレと休みを合わせやすい。

 

 

 

 

ミエちゃんと、クリスマスにデートするのは、2年連続だ…

 

 

 

 

でも…

 

彼氏・彼女の関係じゃないけど…

 

 

手も繋いだ事もない...

 

 

お互い、彼氏・彼女がいないのに…

 

 

 

不思議な関係だった…

 

 

 

 

オレは、今年もミエちゃんとクリスマスにデートが出来て...

 

 

 

それはそれは…

 

 

 

幸せな時間を過ごせた…

 

 

 

 

何で、こんなにオレと一緒に出かけてくれるんだろう…

 

 

 

オレは、今まで…2回ミエちゃんに告白したが…

 

 

どちらとも…

 

 

『ごめんなさい…

私…忘れられない人がいるの…』

 

 

と断られてしまっている…

 

 

 

 

しばらくミエちゃんと距離を置いていたが…

 

また…

 

 

 

ミエちゃんが急接近してきた…

 

 

 

 

今度こそ…

 

 

 

【忘れられない人】への気持ちの整理がついたのかな…

 

 

 

 

でも…

 

 

 

 

 

こわくて…

 

 

 

 

 

確かめる事ができなかった…

 

 

 

 

 

 

今の幸せを壊したくなくて…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミエちゃんと、クリスマスデートしてから数日後…

 

 

オレは、居酒屋で1番の親友である

 

【いっちゃん】と飲んでいた…

 

 

 

いっちゃんは、同じ高校の友達で、1年生の時にクラスが一緒だっただけで

なんの接点もなかったが…

 

オレが大学4年生になってから偶然に再会し…

 

意気投合し、これ以上にない親友になった…

 

 

いっちゃんとは、何でも隠さず話しをする…

 

バカな話から、真面目な話しまで…

 

 

 

もちろん、ミエちゃんの事も知っている…

 

 

 

 

今回の件も全て、いっちゃんに話すと…

 

 

 

『また思い切って告白してみなよ!このままじゃダメだよ!お互いに!何の進展もないし、お互いの為にならないよ!!』

 

 

と、言ってくれた…

 

 

 

 

 

 

そうだよな…

 

 

 

 

2回告白を断られているけど…

 

 

 

 

またミエちゃんが、オレに急接近してきたのは…

 

 

 

【忘れられない人】への気持ちの整理がついたのかも知れない…

 

 

 

 

ミエちゃんは…

 

 

 

 

 

もう一度…

 

オレが告白してくれるのを待っているのかも知れない…

 

 

 

 

 

 

オレが言わなきゃダメだ…

 

 

 

 

 

オレは…

 

 

 

 

 

最後の賭けに出る!!

 

 

 

 

 

 

ありがとう!いっちゃん…

 

 

 

 

 

 

頑張ってみるよ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

次の日の夜…

 

オレは、思い切ってミエちゃんにメールした…

 

 

『急にごめんね。あのね。オレ…やっぱりミエちゃんの事が好きです!ミエちゃんと一緒に過ごす時間が、オレにとっては、すごく幸せです!だから!何度も言うけど…オレと付き合ってください!!メールで返事しないでください。ミエちゃんの態度で示してください!

 

今夜…

 

一緒に、流れ星を見た海で待ってます…

 

OKなら来てください!!

 

ずっと待ってます…』

 

 

 

 

 

なんか…クサイセリフだけど…

 

 

正直な気持ちだった…

 

 

 

ミエちゃんが、オレと付き合ってくれるなら…

 

 

 

 

きっと…

 

 

 

 

あの海に来てくれるはず…

 

 

 

 

来るまで待ってよう…

 

 

 

 

 

ずっと…待ってよう…

 

 

 

 

 

明日も仕事だけど…

 

 

 

 

朝になったら、そのまま職場へ行けばいい…

 

 

 

 

 

オレは、身支度を整え…

 

 

 

 

今から、あの海へ向かおうとした…

 

 

 

 

 

 

 

すると…

 

 

 

 

 

 

 

ミエちゃんからメールが…

 

 

ごめんなさい!今夜は、母校の恩師たちと会う約束になっていて、どうしてもダメなんです…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それに…

 

 

 

 

 

 

 

ごめんなさい…

 

私…どうしても忘れられない人がいるの…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お~の~れぇ~~!!

 

まだ言うのかぁーー!!

 

ヽ(`Д´)ノ

 

 

 

 

 

オレは、あの海へ行って…

 

最後の賭けに出ようとしていたのに…

 

 

 

 

それすらできなかった…

 

 

 

 

 

 

どうしても忘れられない人がいるって…

 

 

 

 

 

じゃ…

 

 

 

 

 

 

じゃ、今までのは何だったの?!

 

 

 

 

 

オレに急接近してきたのは何???

 

 

 

 

 

映画行ったり…

 

 

クリスマスにデートしたり…

 

 

夜中に、オレに会いたくなってメールしてきたり…

 

 

 

 

一緒に見た流れ星は…

 

 

 

 

 

何の意味もなかっかったのか…

 

 

 

 

 

 

 

オレは…

 

 

 

 

 

ユリさん…

 

 

 

 

 

エリカちゃん…

 

 

 

 

 

言い方悪いけど、2人を犠牲にして…

 

 

 

 

 

 

あなたを選んだ…

 

 

 

 

 

 

その結果がこれか…

 

 

 

 

 

 

 

忘れられない人って…

 

 

 

 

 

 

 

いったい…

 

いつまで引きずるつもりなんだ…

 

 

 

 

 

 

 

オレって、いったい何だったの…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと…

 

酷すぎるよ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わかったよ…

 

 

 

 

 

 

 

オレは…

 

 

 

 

 

 

 

もう二度とミエちゃんと連絡をとらない…

 

 

 

 

 

 

 

 

オレは…

 

彼女が出来て幸せになれる人間じゃないんだ…

 

 

 

 

 

周りでは、当たり前の幸せも…

オレには許してもらえない…

 

 

 

 

 

 

 

『お前は、そうやって...もがき苦しんでいろ!』

 

 

って言ってんでしょ…?

 

 

 

 

 

 

 

そうなんでしょ?

 

 

 

 

 

 

 

神様…

 

 

 

 

 

 

いるなら答えてくれ…

 

 

 

 

 

 

 

 

わかりましたよ…

 

 

 

 

 

 

 

もう…

 

 

 

 

 

 

 

彼女をつくろうだなんて…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バカな事は考えない…

 

 

 

 

 

 

 

二度と考えるものか…

 

 

to be continued…

 

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦

 

 

 

 

【次回予告】

 

~ 暗闇…再び ~

 

長い夜が明けたのかと思ったが…

 

ただの神のイタズラに過ぎなかった…

 

『お前はずっと、もがき苦しんでろ!』

 

と言われているかのように…

 

 

恋愛だけではなかった…

 

この先、全てが暗闇へと飲み込まれていく…

 

 

 

『本当の苦しみは…これからだよ…』

 

 

と…

 

 

 

いよいよ、石岡店の話しが最終章へ…

 

 

 

 

今の苦しみなど…

 

序論に過ぎない…

 

 

 

☆次回は2月18日にアップします☆

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦

 

 

 

今回も最後まで読んで頂きありがとうございましたm(__)m

 

今回は、超ロング編でした…(*_*;

 

最後まで読むのも疲れたでしょうね…

(*_*;

 

 

まだまだ、話しは続きますが…頑張って最後まで書いていきますので、これからもよろしくお願いたしますm(__)m

 

これからもよろしくお願いしますm(__)m

 

またお会いしましょう

ヽ(´ー`)ノ


episode49

 

【オレ物語・本丸・第19章】

 

~ 暗闇...再び ~

 

 

 

♦【これまでのあらすじ】♦

  

時は2,000年初期の就職氷河期。オレたちの世代は、ロストジェネレーションと言われていた。

大学4年生の夏の頃にオレがバイトしているガソリンスタンドの会社が倒産し、【ガイアックス】と言う、ガソリンに代わるアルコール系の次世代自動車燃料の販売店の会社に変わったのだった。

 

なかなか就職の内定がもらえないオレは、このガイアックスに非常に興味を持ったので、バイトの流れで社員になる事に決めたのだった。

 

潰れたガソリンスタンドをリニューアルして新店舗を作ることになり、大学卒業後すぐにオレは、新店舗の副店長として移動することになったのだが…

 

ここは...呪われた死んだ土地だったのだ...

 

人手不足が続き、オレは約5ヶ月休みなしの開店から閉店まで働かせられる日々だった…

 

精神的・肉体的にも追い詰められてしまい…

 

『もう死んでもいい…』

 

と思ってしまう程だった…

 

しかし、ちょっとしたきっかけで自分で種を撒いて育てた

 

【日々草】の力強い姿を見て、オレは、生きる力をもらったのだった…

 

ようやく落ち着いたと思いきや…

 

社内では、大!人事異動が行われ、オレは新店舗の石岡店の店長に任命されたのだ。

 

オレは、以前いた【死んだ土地】と言われた店にいた時のトラウマがあり…

 

従業員募集に関して、ものすごく不安があったのだが…

 

募集をかけてから、奇跡と言わんばかりに一発で必要な人数が揃ってしまったのだ!!

 

オレの心配など必要なく、無事に石岡店がオープンし、まぁいろいろと細かいことはあったが、スタッフたちもすぐに仕事を覚えて軌道に乗れた。

 

 

 

しかし、会社の人件費削減命令が…

 

オレは、泣く泣くオープン時から真面目に働いてくれていた

 

【サイ】と【タケ】の二人をクビにするしかなかった…

 

 

 

そんな中、オレに…

 

何度も、彼女が出来るチャンスがやってきたが…

 

 

全ては神のイタズラに過ぎなかった…

 

 

オレになど、彼女が出来て幸せを感じる事も許されないようである…

 

 

オレは誓った…

 

 

もう二度と…

 

 

彼女を作ろうだなんて…

 

 

バカな事は考えないと…

 

 

一度は、日が差したと思った人生にまた暗闇が…

 

しかし、それはただの序論に過ぎなかったのだ…

 

  

 

 

 

石岡店…

 

いよいよ最終章へと…

 

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

【石岡店・登場人物の紹介】

 

●オレ

当時23歳にして、会社内で最年少店長になる。

心の支えになる彼女を求めているが…彼女ができない呪いに掛かり苦しんでいる…

 

●さかもっちゃん

21歳フリーター。VIPカーに乗った…

物静かで、素朴なヤンキー???

 

●かわちゃん

21歳フリーター。いかにもスタンドでバイトしてそうな、ややポッチャリの姉ちゃん

 

●保田

19歳大学生。しっかりとした頼りがいのある奴。オレと同じ走り屋系。オレの右腕になる存在。

 

●さおりっち

石岡店、唯一の女子高生。コギャルパワー全開の元気な子。父親は警察だが…娘は夜遊びで補導されるという強者…

 

●サイとタケ

2人とも19歳の専門学校生。お互いに友達同士。

しかし、会社の人件費削減の命令で…

二人をクビにすることになってしまった…

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦

 

 

episode49

 

【オレ物語・本丸・第19章】

 

~ 暗闇…再び ~

 

 

 

 

 

年が明けた…

 

 

年末の忙しさを乗り越えて、正月休みへと入った…

 

ガソリンスタンドは、サービス業なんで

せいぜい、元日だけ休みってのが多いが…

 

 

オレの店は成績が良かったのか?

 

 

3日まで休みでいい!と本社から言われた。

 

 

 

3連休なんて、生まれて初めての事だ…(TдT)

 

 

 

しかし…

 

店は、3連休なんだが…

 

海沿いの大洗店があり、正月は大繁盛する為…

 

 

『特別手当やるから、元旦だけ手伝いに行ってこい!』

 

 

と、本社から言われた…↻↻↻

 

 

 

ま…

 

 

 

別にいいけどね…

 

 

 

休みでもやる事ないし…

 

 

 

彼女も、いねぇし…

 

 

 

 

 

 

それにもう…

 

 

ミエちゃんとも会わないし…

 

 

 

 

 

 

 

オレは、元旦から海沿いの店舗へ手伝いに行った…

 

 

しかし…

 

この店舗は…

 

 

 

懐かしいメンバーがたくさんいた…

 

 

 

店長は、オレが学生の頃から親しんでいた先輩…

 

この店のバイトたちも、オレが学生の頃からバイトしていた店舗のメンバーたちだ…

 

 

なぜなら…

 

 

先輩店長が、自分が移動になったとたんに…

 

 

バイトたちも、引き連れて行ったからだ…

(*_*;

 

 

 

オレは、元旦から懐かしいメンバーたちと楽しく仕事をする事ができた…

 

 

 

目の前は海…

 

 

 

ちょうど朝日が登った頃…

 

 

 

天気も良くて…すがすがしかった…

 

 

 

 

オレは、この朝日を見て思った…

 

 

 

 

 

 

今年は…

 

なんだか変われそうな気がする…

 

 

 

 

 

きっと…いい方向へ…

 

 

 

 

 

 

 

 

さて。

 

 

正月の連休も終わり、また通常の生活に戻った…

 

 

 

ある日…

 

オレの会社が取り扱っている燃料…

 

【ガイアックス】が世間で騒がれるようになった…

 

 

ガイアックスは、ガソリンに代わるアルコール系の代替燃料であり、排気ガスがキレイな環境に優しい燃料なんだが…

 

 

 

ガイアックスを給油してから、車が故障した!

 

 

 

とか…

 

 

 

ガイアックスを給油したら、走行中に車両火災になった!

 

 

 

とか…

 

 

 

本当にガイアックスが原因なのか分からないが…

 

今までなかった噂が広まり…

 

世間から叩かれるようになった…

 

 

 

日本の自動車メーカーも…

 

『ガソリン以外の代替え燃料を給油した際の故障は保証いたしません』

 

 

とか…

 

 

 

車の給油口のフタを開けると…

 

 

『ガソリン以外の燃料の給油禁止』

 

 

と自動車メーカーが注意を呼びかけるシールが貼ってあったりした…

 

 

 

 

 

さらに…

 

ガソリンは、1リットルあたり

【53.8円】の国税がかけられているが…

 

 

ガイアックスは、いろんな数値の上で

ガソリン税に値しなく…

課税の対象になっていないのだ…

 

 

 

税金がない分、1リットルあたりの単価が安いため、お客さんにとっては嬉しい事だったのだが…

 

 

 

国と、ガソリン業界が黙ってはいなかった…

 

 

 

国は、ガソリン税が入らない…

 

 

ガソリン業界は、安い燃料なんか売られては自分たちの販売するガソリンが売れなくなり、利益がなくなってしまう…

 

 

 

政治と業界がタッグを組んで…

 

 

 

 

 

【ガイアックス潰し】を始めたのだ…

 

 

 

 

 

自分たちの利益を守るため…

 

 

 

環境に優しい燃料なのに…

 

 

 

結局…

 

 

 

人間は、利益を優先する…

 

 

 

表ヅラでは、地球の為…環境の為…

 

 

 

なんて言ってるが…

 

 

 

利益が1番な世の中なんだ…

 

 

 

日本のベンチャー企業が生きていけないのは…

 

 

利益を守ろうとする古株どもに潰されるからだ…

 

 

 

 

ある日。

 

税務署の職員が、ガイアックスの各店舗の目の前にイスを置いて座り込み…

 

双眼鏡で、こちらを覗きながらメモをしていた…

 

 

何リッター販売したのかと、給油機のメーターをチェクしているのだ…

 

 

 

 

この野郎ら…

 

 

 

バードウォッチングみたいな事やりやがって…

(-_-;)

 

 

 

 

それが何日も続いた…

 

 

 

店の前を車で通る人が

 

『何事か?』とジロジロ見られる…

 

 

 

 

完全に営業妨害だ…

 

 

 

 

いいサラシもんである…

 

 

 

 

オレ含め、他店舗の店長や従業員たちは…

店の前に座り込んで監視している税務署の職員に対して…

 

 

 

『なんだ!オメェらーー!!

邪魔だぁー!!消えろー!!』

 

ヽ(`Д´#)ノ

 

 

 

などと、罵声を浴びせていたが…

 

 

 

 

 

それでも毎日…毎日…

 

 

 

 

税務署の職員たちは監視を続けにやってくる…

 

 

 

 

午前7時の開店から、夜9時の閉店まで…

 

 

 

 

 

1日の終わりに必ず税務署職員が…

 

『こちらで確認した販売数量なんですが、サインしてもらえませんか…?』

 

と、やってくる…

 

 

 

 

もちろん。サインなどしない…

 

サインしたら認めることになる…

 

 

 

オレは…

 

『あなた方も、毎日大変でしょうが…

こちらも仕事上、サインするわけにはいかないんです。』

 

と断った…

 

 

 

税務署の職員は…

 

『わかりました…』

 

と、それ以上何も言わずに帰って行った…

 

 

 

 

 

 

オレは思った…

 

 

この税務署の職員たちも、好きでやってるわけではない…

 

 

 

 

オレも、税務署の職員たちもお互い…

 

 

 

 

 

上から命令されてる側なのだ…

 

 

 

 

 

 

 

こうして…

 

政治と業界の【ガイアックス潰し】のおかげで、世間であっという間に評判が悪くなってしまった…

 

 

もちろん…

 

 

売り上げも激減し、会社の経営が圧迫されてきた…

 

 

 

毎月の給料日に、給料が振り込まれなくなり…

 

バイトたちには、

 

『今月の給料って、いつもらえるんですか?』

 

 

とか…

 

 

『これから、給料って…給料日にもらえるんですか…?』

 

 

とか聞かれるようになった…

 

 

 

 

バイトたちに一番言わせてはいけない事だ…

 

給料日に給料がもらえるのは、当たり前の事なのに…

 

 

 

バイトたちに何もしてやれない自分が情けなかった…

 

 

 

 

 

さらに…

 

とうとう給料が振り込まれなくなり…

 

給料の支払い方が本社からFAXで流れてきた…

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

店長各位

 

 

今月の給料は、毎日の売上金の30%から

支払うように。

 

 

本部長

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

おぃおぃ…(-_-;)

 

 

毎日の売上金の3割を引いて、給料として払えだと???

 

 

全員の給料払い終わるのに何日かかると思ってんだぁー!!!

 

ヽ(`Д´#)ノ

 

 

 

20万稼いだバイトに…

 

『今日は、5万だけ支払います…』

 

 

って、給料を分割払いしろってのかぁ!!

 

ヽ(`Д´#)ノ

 

 

 

 

そんなの初めて聞いたぜ…

(-_-;)

 

 

 

 

とにかく、バイトたちには給料を払ってやりたいので、分割払いで給料を払っていたのだが…

 

 

毎日の売上金の3割しか給料に充てられないなんて…だんだん腹が立ってきたので…

 

 

 

 

 

 

もういいや…

 

売上金を根こそぎ給料に充ててやる…

(-_-;)

 

 

 

 

 

オレは、毎日の売上金を根こそぎバイトたちの給料に充ててやった…

 

 

 

本来なら、1日の売上金から3割引いた金額を銀行の夜間入金へ入れるんだが…

 

 

 

 

 

そんなの知らん…

(-_-)

 

 

 

 

 

バイトたちに給料払うのが先決だ!!

 

 

 

 

オレは、毎日の売上金を根こそぎ給料に充てて、残った端数の【57円】を銀行の夜間入金へ入れてやった…

 

 

 

普通…

 

銀行の夜間入金へ入れる金額は

夜中に泥棒に入られて売上金が盗まれないように、何十万単位で入金するのだが…

 

 

 

【57円】入金するなんて…

 

 

 

銀行員も、さぞかし驚いただろう…

 

Ψ(`∀´)Ψ ドウダ!!!!!

 

 

 

 

本社から『なんだ?これは?』と言われたら、逆にキレてやる!!

 

(# ゚Д゚)文句あんのかぁー!!!!!!!!

 

 

 

 

しかし…

本社は何も言ってこなかった…

 

 

 

 

 

 

そんな中…

 

たまたまオレが休みの時に…

 

バイトの、かわちゃんが本社に電話したらしい…

 

 

 

『もしもし?石岡店の川澄なんですけど…

 社長いますか???

 

え?いない???

 

じゃ~。社長に伝えといてください。

 

何なんですか?ちゃんと給料払ってくれなくて?バカじゃないですか??』

 

 

 

 

って、電話したらしい…

(*_*;

 

 

 

 

 

次の日…

 

本部長が、かわちゃんの電話に怒り狂って…

わざわざオレの店に説教しにやってきた…

 

 

 

本部長が、オレに言った…

 

『お前は、バイトにどんな教育しているんだ?あんな電話かけてきて(怒)!!』

 

 

 

 

 

オレは言った…

 

『ウチのバイトが何か間違った事でも言いましたか?オレは、電話したバイトに、よく言った!と褒めてやりましたよ!!オレは、バイトたちが1番大事ですから!』

 

と…

 

 

 

こうして…

 

しばらく本部長と、にらみ合いが続いていたが…

 

 

あまりにもオレが、引く気がなかったので…

 

本部長は、ヤレヤレ…と帰って行った…

 

 

 

 

 

 

さらに…ある日の事。

 

店に、人件費削減の命令でバイトを辞めてもらった

 

【サイ】と【タケ】が遊びに来てくれた…

 

 

サイが話しを始めた…

 

『就職内定もらったんですが…ちょっと待っててくれ!って言われちゃいました(>_<)』

 

と…

 

 

サイの話しを詳しく聞くと

 

サイは、焼き肉チェーン店の広告などを作る部所に内定をもらったみたいだが…

 

 

当時…

 

 

日本中が【狂牛病】の騒ぎになってしまったのだ…

 

 

この狂牛病の影響で、焼き肉店や、牛丼店などは、大打撃を受けてしまったのだ…

 

 

 

サイは、内定をもらった会社の担当者に…

 

『ちょっと待っててください。いつ採用になるか分かりませんが、その間…違う仕事をしてもらってても結構です。』

 

と言われたらしい…

 

 

 

 

 

オレは、サイに言った…

 

『これは、どういう意味だかわかるか?

ハッキリ言うが…遠まわしで内定取り消しってことだ…』

 

 

 

 

 

サイ『……』

 

 

 

 

 

タケもまた、就職がうまく見つからなくなってしまったらしい…

 

 

 

 

オレは、サイとタケに言った…

 

 

『お前ら、仕事が見つかるまでここで働いていいぞ!新しくバイト探すより、この店の方がやりやすいだろう?人件費は気にしなくていい!』

 

 

 

 

 

本当は…

 

 

会社の経営が圧迫されている中…

 

人件費を増やすことなど出来ない…

 

 

逆に…

 

『さらに減らせ!』と言われている…

 

 

 

でも、これ以上…

 

バイトたちをクビにするわけにはいかない…

 

 

 

人件費を増やさず…サイとタケを呼び戻し…

誰もクビにしない方法がある…

 

 

 

 

 

 

たった1つだけ…

 

バイトたちを守れる方法がある…

 

 

 

 

 

 

 

それは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オレが辞めることだ…

 

 

to be continued…

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦

 

 

 

【次回予告】

 

オレの決断

 

会社…バイトたち…

 

そして…オレ…

 

 

ありがとう石岡店

 

 

 

 

☆次回は2月25日に更新します☆ 

 

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦

 

 

 

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました

m(__)m

 

オレ物語も、最終回になりそうな雰囲気ですが…

 

 

まだまだ終わりません(笑)

 

 

これからが…

 

人生の歯車が狂い始まります…↻↻↻

 

 

今だから、思えますが…

当時は何かと、メチャ辛かったですね

(>_<)

 

なんだか…

 

人生70%空回りしていた気がします…

 

今となっては、あの空回りもいい思い出で…

おかげで少しは強くなれたのかな…って思えますね(笑)

 

今では、何かあっても…

 

あの時に比べれば大したことないわぃ!

( ゚д゚)ケッ!

 

って思えます(笑)

 

 

空回りの時期も大事なんでしょうね!

 

空回ってる方がいましたから…

後々、自分の為になりますから…

 

今は、頑張って空回りしててください!

 

 

何か…

変な言い方ですが…

(;´Д`)

 

 

 

☆次回は2月25日に更新します☆

 

 

またお会いしましょう

ヽ(´ー`)ノ